FC2ブログ

阿蘇ボランティア

九州以外は梅雨明けをした模様ですね。
阿蘇は台風の影響か朝から小雨です。

連休明けの昨日、お隣阿蘇市へ災害ボランティアスタッフとして
お手伝いに行ってきました。

我が家からの主要道路212号線が未だ全面通行止めのため、
ミルクロード経由で迂回しての阿蘇入り。
小国は朝から快晴で少し蒸し暑かったのですが、ミルクロードから覗く
阿蘇市の上空はどんよりとした厚い雲に覆われ、そこだけがあの惨劇を
象徴するかのようでした。話によると阿蘇外輪山内は大気が溜まりやすく
一たび雨が降るとこう言った現象が起きやすいそうです。

阿蘇市の的石地区の裏道から中心街内牧への道路は見たところ
大きな被害もなく、ただ迂回する車がどんどんすれ違うことが普段と違う
ような気がしましたが、中心街に入ると水害の跡が至る所に見受けられました。

ボランティアの受け付けを済ませ、配置されたのは中心街にある雑貨などを
降り扱うお店でした。規模的にも大きく、陳列棚の商品は腰の高さまで全て
汚泥のため廃棄されたようでした。

私は他の女性ボランティアスタッフ(たまたま同じ南小国のお友達姉妹でした)
と事務所をひたすら掃除しました。
水害の後を掃除するのは初めてですが、きれいな水で何度流しても泥が出てくる出てくる。
事務所側は少し道から下へと傾斜しているので、水も胸あたりまで流れてきたようです。

20年前にも洪水があったようですが、今回の方が規模が大きかったようで、お店の方も
随分お疲れ気味でした。

現場に行って感じたことですが、本当に少しでも多くの人の手が必要ですね。
お話によると、水害が起きてすぐ小国郷の商工会青年部が20名ほどお手伝いに
来られたようで、中には何度も足を運んだ方もいらっしゃるそうです。
組織を持つ人たちの行動力の速さは素晴らしいですね!
(ちなみに私は知り合いのFacebookから情報を得ました。)

ボランティアスタッフはすぐに配置分けされ、男性は側溝の泥掃除に取り掛ります。
と言うのもいつまた雨が降り出し水が溢れ出すか分かりません。
こう言うこときこそ体力ある男性の力は大助かりですね!
代わって女性はお店の中の掃除など細かいところに不可欠です。
泥の清掃は根気が必要で女性の細やかな点がなければ終わりが見えません。

とりあえず事務所の見た目の泥は取り除かれましたが、まだまだお手伝いに来なければ…
と阿蘇を後にしました。

先が見えない作業ですが、阿蘇人のパワーを見ると早い復活を見れられるような
気がします。



こちらが知人のHPです。お時間のある方、ぜひ阿蘇の復活にお力をお貸しください!(^^)!
http://ghasobigokoro.jugem.jp/

コメント

非公開コメント