FC2ブログ

シンガポール国立大学の学生さんたちがファームステイ

DSC_0451.jpg


気がつけば、ここ最近のブログは1週間遅れの報告になっています

TAOのイベントの翌日、シンガポール国立大学日本研究科の生徒さん14名と大学講師のクリス
先生がさこんうえにファームステイされました。

昨年は見学のみでしたが、今年はご縁あって2泊ステイされました。

みんなでぞろそぞ村を散策。

DSC_0452.jpg

シンガポールはどこまでも平らな土地。日本のような山がなく、生徒さんたちにとって
さこんうえはアマゾンの密林地帯と言った感じではないでしょうか(それくらい山と言うこと)

筍の皮の残る竹を指さし、筍の説明…「こうやって掘るんだよ~」

DSC_0454.jpg

今度はしいたけの説明。村では共同の山でクヌギの木を育て町にしいたけ用の原木として
売り、その収益を村維持のためにに役立てているよ~と村ならではのシステムもご紹介。

DSC_0456.jpg

散策途中に近所の神社へ。土俵にて一戦。待ったなし!

DSC_0458.jpg

この急な階段を降りて膝ががくがくすることを「膝が笑う」と言うんだよ。
みんな「膝が笑う」を気に入って使ってました。「ヒザガワラウ♪ヒザガワラウ♪」

DSC_0462.jpg

地場産業の代表として小国杉を使った製材所を見学。
こちらは「河津製材所」さん。我が家の親戚です。
さこんうえの建物の木材はこちらから購入しております。
社長さんが製材所のしくみや木材についてレクチャー。

社長さんのお父さんと社長さんが、製材所を一から始めた原点の場所でもあります。

DSC_0472.jpg

こちらが歩いて数分の別の工場。
今度は専務の息子さんが木材加工についてレクチャー。
大学生のみなさんは木材についてだけではなく、息子さんの仕事に対する考えなども
積極的に質問していました。

息子さんが地元にU-ターンし、ネット販売など新しい事業展開もはじめ
工場もさらに立派になりました。木材産業の厳しい中、着実に業績を伸ばし
従業員雇用など地域にも大変貢献している地元企業です。

DSC_0469.jpg

途中かわいいジャージー牛が

DSC_0467.jpg

みんなのアイドル状態で暫くここで餌やり。

CIMG0177.jpg

なかなか食事の時間の写真を撮ることができず、最後の朝食になってしまいました(;_:)
昨夜のピザ15枚は、ピザ職人になった気分でした。
この日は自家栽培小麦で作る「ベジワッフル」。
昨夜のピザの勢いか、ちょっと多めに焼きすぎました

ちなみに私のお誘いで小国高校の学生さんにも声をかけ、夜は若者たちの交流会となり
それは賑やかな夜でした(私はひたすら料理ですが…)
私が高校生の時、田舎にもこんな交流の場があれば…そんな思いがあったので、
こんな風に盛り上がってくれたことはとてもうれしいです

CIMG0180.jpg

ジャージー牛に負けていないアイドルけいこおばあちゃんと一枚。

CIMG0182.jpg

みなさんとても日本語が上手で、両親も私もなんの不自由もなく交流ができました。
日本は東京や大阪、京都もいいけど、こんな田舎もあること忘れないでね~!

コメント

非公開コメント