FC2ブログ

ルルドの泉。はるばる我が家へ。

DSC_0436.jpg

4月9日~20日かけて両親はフランスの農村を巡る旅へ行ってきました。
そしてかの有名な「ルルドの泉」に立ち寄ることができました。

以下インターネットより抜粋しております。

「ルルドの泉は、宗教的奇跡を数多く起こしている泉として知られている。
 カトリックの聖地ルルドは、フランスの南西部、スペインとの国境であるピレネー山脈の
 フランス側の山麓に位置する。
 遡ること1858年、ルルドに住む貧しい少女が、村はずれの洞窟で聖母マリアを見たという
 奇跡の話が起  源。14歳のベルナデット・スビルーが、聖母マリアの言葉に導かれて
 洞窟の土を手で掘ると、そこから泉 が湧き出した。その泉には病気をいやす力がある
 という評判が広がり、今もなお多くの巡礼者が集まる聖 地の場所となった。
 今日では、毎年500万人が、世界の各地からルルドを訪れていると言う話である」

カトリック信者の方にはとても神聖で貴重なお水。
母の話では、池山水源のようにこんこんと湧きでる泉ではなく、わずかに湧き出る水をどこかに
貯めて(パイプのようなものが引かれ、そのパイプに穴が何か所があいておりそこから水が
ちょろちょろでているとのこと)、その水を訪れる人たちが、身体の不調な部分につけていた
ようです。

折角の貴重なお水なので、カトリックでもある叔母や父が幼少の頃命を救っていただいた
地元の赤ひげ先生にもお分けしました(先生もカトリックです)
我が家はカトリックではありませんが、どの宗教であれ尊いものです。

ちなみにただ今我が家のムサシが皮膚病にかかっており、ルルドのお水で治療中。
心なしかよくなっているような気がします。
そのルルドのお水、不思議なことにムサシは1度飲んだっきり口にはしません。
試しに我が家の水を横におくと飲むという…。
犬には何か違いがわかるんでしょうか。

コメント

非公開コメント

多分、ムサシは香りを感じるとやなかろうか?
人間にはわからん微粒子の香りばね!