FC2ブログ

いたどりと筍

DSC_0442.jpg

さこんうえの食材は畑で育てたものだけではなく、山や庭に自然に自生したものも結構あります。
そのひとつが「いたどり」
いたどりは主に高知県で食される植物のようですが、我が家では宿のシンボルのように
お客さんを玄関先で迎えます。

最初はアスパラよりちょっと大きめのサイズが顔をだし…

DSC_0444.jpg

気が付くとこれくらいの背丈に成長。

DSC_0445.jpg

放っておくとどんどん成長し、背丈2メータは超えます。
ちなみに枯れたいたどりは昨年のもの。
その根元に小さな柔らかい新芽がでてきて、これを料理に使います。
もちろん青々と茂ったいただりの葉もてんぷらとして使えます。

このいたどりはかなりえぐみが強く、ふきのように長時間流水につけなければ
いけないようです。それでもジャムに使えたりと意外とおもしろい調理方法が
あるようです。

DSC_0447.jpg

そして初ものの筍。
さこんうえのたけのこは他の地域と違いかなり遅め。
たけのこを半分に割り、母がフランスより担いで帰った塩田と、私が担いで帰ったイタリアの
オリーブオイルをかけ石窯でじっくりと焼きました~。
GWはこのたけのこを味わえます!

ちなみに庭先のみつばも元気がよく、こちらもお鍋の具として大活躍!

DSC_0449.jpg

余ったたけのこを使って我が家は筍ご飯。
美味しかった!(^^)!
もちろん竹林の周りには朴作(電熱線)も張り、イノシシ対策も万全です!

コメント

非公開コメント

お~みつばが生え出したのですね!そろそろ出かけなくてはいかんですね~~。ところで一つ訂正があります。母上がフランスより担いで帰ったのは、岩塩ではありません。純粋な塩田で出来た「海の塩」ですばい!Sel Marin です。因みに日本では1kg=735円で売られておりますが、現地では90セント=100円でしたけどね!

Re: タイトルなし

DAN爺さん、失礼しました!早速修正を…。
あのまま食べてもうま味があって美味しいですよね!
それにしてもそんなお値段が日本ではびっくりのお値段になるんですね~。
今塩麹用にも使ってますよ。