FC2ブログ

忘れていた宝もの★

年末忙しかったので、ようやく部屋の片づけを始めたら、
押入れから懐かしいものが…

bag.jpg

くたくたのデニムのバック。
これはオーストラリアに留学していた20歳の時に、学校の友人たちが寄せ書きを
してくれたものです。と言っても成人式の記念と言うわけではなく、
受講していたコースが終わり、みんなそれぞれ自分の国帰ったりと別れ別れになって
しまうので、思い出にと私がみんなに寄せ書きをリクエストしたのです。

バックの裏やベルトにもびっしりとメッセージが…。
ひやっ~懐かしい!!
いや~かわいがられていたんだな~と若い頃を思い出しちゃいました

yosegaki.jpg

日本に帰国してからは、いろんなところで働き、転職し…
その度にお世話になった方々が私にたくさんのメッセージを送ってくださいました。
こちらはサプライズだったので、毎回感動と感謝でした
私こんな風に思われていたんだな~とただひたすら懐かしい気持ちが。

未だにつながっている方もいれば、もうどこで何をされているか分からない方も
たくさんいますが、たくさんの宝物をもらっていたんだな~と、しみじみ
ありがたいです m(__)m 結構迷惑をかけたのに…。

今年はどんなご縁が生まれるんでしょうかね…


おまけ
昨日の「ためしてガッテン!」見ましたか?
お茶パワーのすごさです。母親がものすごい勢いでお茶を飲みなさい!
と言うので、私はごぼう茶とお茶と多分1リットル以上毎日飲むことになりそう

コメント

非公開コメント

有難うございました

先日はグリーンツーリズムの研修でお世話になりました!
とっても居心地良くお料理もすごく美味しかったです。

もうお腹いっぱいだと言いながら23時に温めて食べた実だくさんなおぜんざい幸せな甘さで最高でした~

人生何が転機か解らないですよね(^O^)
私も名古屋生まれ育ちで一生愛する土地に生きるだろうと思っていたのに緑のふるさと協力隊という山村ボランティアに応募し未知の知り合いもいない五木に来ました。

まさか仕事も辞める大決心までしちゃうとは。平成19年春でした。

1年任期が終わり帰ろうと思っていたら沢山の方に引き留めて頂き今に至ります(←結婚定住じゃないところが笑えるでしょ)

少子高齢化が進む村では必ずしも前向きで明るい話題ばかりではありません。
諦めばかりを口にし国が県が役場が誰かがやってくれると誰もが言っていては誰もやらないと思うのです。

お母様が「人間やるかやらないか」とおっしゃっていたのは心に響きました。

HappyはHappyを生む。
村は豊かな宝にあふれていると私がニコニコ話せば「五木もよかとこばいねぇ。住んでいるとそがん感じらんばってん」と村の方もニコニコ頷いてくれます。

私の小さな役割はそこにあると思うのです。

素敵なご両親ですね。
お父様の100人の1歩より1人の100歩という考え方は先んじて歩んだ方だからこその力強いものでした。

貴女のお話しも伺いたかったです。
お料理にもイタリアの明るいテイストが加わりきっともっと民泊の可能性が広がり魅力が増しますね。

遠回りせざるをえなかった時は辛い。
だけれどそれは幸せや努力や人の優しさについて考える大きな学びのチャンスなんですよね。

有難うございました!感謝感謝です。

Re: 有難うございました

> 先日はグリーンツーリズムの研修でお世話になりました!
> とっても居心地良くお料理もすごく美味しかったです。

 こちらこそ、寒い中ご遠方よりお越しいただき
 本当にありがとうございましたv-291
  今年の1月は例年になく寒い日が続き、いつもは軽快な私も行動が鈍ってます。

 今日お手紙が届きました。ご丁寧にそして心温まる言葉をありがとうございます!
>

 私も名古屋生まれ育ちで一生愛する土地に生きるだろうと思っていたのに緑のふるさと協力隊という山 村ボランティアに応募し未知の知り合いもいない五木に来ました。 まさか仕事も辞める大決心までし ちゃうとは。平成19年春でした。
 1年任期が終わり帰ろうと思っていたら沢山の方に引き留めて頂き今に至ります(←結婚定住じゃない ところが笑えるでしょ)

名古屋からですか!!v-405> びっくりです。
 行動派でいらっしゃるんですね~。
おひとりで、それもうちのような山の中へ。
今は女子の方が断然元気ですもんね!
 お一人様ですし、お仲間ですね(笑)

> 少子高齢化が進む村では必ずしも前向きで明るい話題ばかりではありません。
> 諦めばかりを口にし国が県が役場が誰かがやってくれると誰もが言っていては誰もやらないと思うの  です。

 そうですよね~。小国も同じようなことありますよ(私も昔はこれがいやでv-356
 仕事がないので村を出ざる得なかったりと過疎地域の問題はたくさんあります。
 だたなんとなく感じるのは、ちょっとこだわりをもって、自分流で何かをしてみよう!
 と思っている方が小国には比較的多いかもしれませんね。

  昔のような勢いはなくなりましたが、一度都会にでて戻ってきた若い世代の人たちが、
 我が故郷をよくしよう!と試行錯誤しながら行動しています。
 IターンでもUターンでも目指すところは同じなので、うまく融合し合えたら、
 小さくても元気のよい町になる気がします。
  今は小国という域を超え、いろんな町の方たちとつながりをもつ人たちも増えてます。
 三人よればなんとやらですv-290


> お母様が「人間やるかやらないか」とおっしゃっていたのは心に響きました。

 
  我が母親ながら、この根性はすごいです(笑)
 GTデビューは60歳近くでしたらからね~。
 右も左もわからない時代でしたし、子供は無関心でしたから(笑)。
 両親二人でよくやってきたな…と子供ながら思います。
 今も好奇心は留まるところを知りません。
どこまでいくんでしょう~


> HappyはHappyを生む。
> 村は豊かな宝にあふれていると私がニコニコ話せば「五木もよかとこばいねぇ。住んでいるとそがん感じらんばってん」と村の方もニコニコ頷いてくれます。

>私の小さな役割はそこにあると思うのです。

ですね!! 
きっと五木村の方はKさんが来てくださったことで、とっても元気に
なっていらっしゃるかと思いますよ~!
自分たちでは村の資源が見えないんですよね。
「ここがよかよか!」って言ってくれる人がいると、
「うちのムラも捨てたもんじゃなか!」って自分で価値を見いだせるようになるというか。
 kさんの担う役割は大きいかと思いますが、kさんのパワーで村をひっぱっていってくださいね!
>

  
> 貴女のお話しも伺いたかったです。
 
私こそ次回お会いできたらゆっくりお話ししたいです。
これからも仲良くしてくださいね!


> 遠回りせざるをえなかった時は辛い。
> だけれどそれは幸せや努力や人の優しさについて考える大きな学びのチャンスなんですよね。
>
> 有難うございました!感謝感謝です。

私は散々遠回りし、この経験が一体なんの役に立ったのだろう…と思うことも時々
ありましたが、ここにきて今までの経験がすべて土台になっていることを身をもって
感じることが多くなりました。過去のむちゃぶりが役に立っています(笑)

出会いに感謝ですね!Kさんにお会いできたことも大感謝ですv-354
来週の人吉GT参加いたします。お会いできたらいいですね!