FC2ブログ

念願のアルベロベッロへ




小さい頃、カレンダーだったか不思議なとんがり帽子が並んだ街の写真をみたことが
ありました。真っ白な壁ととんがった屋根が子供ながらとても気に入ってずーっと
見ていたような記憶があります。

ついにその街を訪ねることができました!!

セラガベッタから電車で20分程度。
写真通りかわいい建物が建ち並び、思ったより大きい街でした。
いたるところに色鮮やかな花々が飾ってあり、お土産やのおばちゃんやお姉ちゃんが
私たちに声をかけてきます。
大抵のお土産屋さんが、アルベロベッロの置物や敷物が置いてあり、時々パスタや
お酒もみかけます。

観光客はとても少なくのんびりとしたアルベロベッロ。
ずーっと歩いて行くとパノラマビューのサインが。
お店の中に入って行っても普通のお土産さん。お店の人にどこにパノラマビューが
あるのか尋ねたところそこのお家の二階でした。
確かにアルベロベッロを見渡せるパノラマでした(私が写っている写真です)

午前中をのんびりと過ごさせてもらった分、午後からは労働です。



多分みなさんが気になっているかと・・・。

これが私の3ヶ月分の荷物です・・・。

リュックとたすきがけのバック(アルベロベッロで写っている黒いバック)のみです。
別にお土産のみを入れたバックもありますが、こちらはどんどん減っていくので、
実際の荷物はこんなもんです。

女性の一人旅は結構大変で、特に荷物が難。
列車に乗る時はホームとの段差がとてもあるので、大きなトランクを持って行く
なんて無理!!
それにトランクだと座席に置けないので危険ですし、大きなリュックでもちょっと
トイレに行きたくても、荷物を見ていてくれる人がいないので不便。
極力荷物を減らして減らして・・・と最小限のものにしたらこんな感じになりました。

体と一緒でコンパクト。 

興味のある方へのご参考までに。
今回持参したものは(着用している物は別です)

半袖Tシャツ3枚・長袖1枚・ウィンドブレーカー1枚・下着3セット・靴下5足・スリッパ
・タオル2枚・ジーンズ1本・コットンパンツ1本・短パン1枚・エプロン2枚・パジャマ・
モバイルpc・ガイドブック・イタリア語のテキスト・化粧品関係・
洗面具(かなりコンパクトです)だいたいこんな感じです。

あればよかったな・・・と思うものは、インスタントの味噌汁くらいでしょうか。
日本食を持ってくるのを忘れていました!
あとはサンダルを忘れたのでどこかで買うつもりですが、
衣類はこまめに洗濯すればなんとかなっています。

荷物が重くて身動きがとれないより、多少不便でも移動の際負担にならない重さが
女性の一人旅には合っているようです。


コメント

非公開コメント

No title

擬似旅行とはどん旅行なの~。
また新たな仕事が見つかるといいね!
私も炎天下の仕事頑張ってますよ。と言っても休憩も多いから
日本よりはいいのかも(笑)