FC2ブログ

想いの輪


 高千穂神楽で入場★


 ちびっこも頑張ってます。


 会場総立ち!ハハも踊ってる。


年末も押し迫り、我が家は餅つきやみそ作りなど慌ただしい日々です。
そんな中、チチハハは高千穂の知り合いの方の結婚式にご招待いただき
久々の小旅行を楽しんできたようです。

ご結婚される方は、高千穂で町おこしをやっていて、今グリーンツーリズムなど盛んに
取り組まれているそうです。
そして廃校になった小学校を拠点に、高千穂を盛り上げたい!と熱き想いを胸に
ご自分の結婚式をこの小学校で開かれたそうです。

式から帰ってきたチチハハに結婚式の感想を尋ねると・・・

「あ~!楽しかった!!!」

「えっ?」

ハハは何でも楽しめる性格なの分かるが、お世辞をあまり言わないチチが
「楽しかった!」とは・・・。

結婚式の仕事をしていてこんなことを言うのはなんですが・・・(-_-;))

田舎は、よっぽど自分と親しい方(たとえば友人とか)でない限り、
「結婚式が楽しかった!」と言うことはあまりないような気がするのです。
(美味しかったとか、酒がうまかった!とかキレイだったとかはあるかと思いますが)
ましてやチチハハのように来賓に近いような立場の場合は特に・・・。

今回の結婚式のご招待者は250名。
田舎なのに、立ってお酌する人もあまりいなかったとか・・・。
ありえなーい!この人数で???

疑問だらけの私に納得の答えが。
そうこの結婚式は、町(村?)の人たちやお友達の手で創りあげたものだからです。

これだけの人数を接待するのはとっても大変なことです。
ましてや業者さんをほとんど利用することなく(もしかしたら全然利用していないかも)
近所のおばちゃんたちが朝早くから料理を作ったり、
お友達が会場設営をしたり、イベントを企画したりと・・・。

私も先日友人の結婚式のお手伝いをしたのでよく分かりますが、
「あー大変!」と言う気持ちを前に動かすのは、「こんな事したら喜んでくれるかな!?」
と言う想いなんです~。
きっと高千穂での結婚式には、そんな想いがたーーーーーくさん詰まっていたのではない
でしょうか。だから祝福の輪も大きく、そしてその想いが招待者の方たちに伝わったのでは・・・。

ちなみに、イベントも高千穂だけに、神楽で始まり、子どもたちのダンスがあり、
最後は会場総立ちで踊ったそうです。

きっとそこには新郎新婦さんへの祝福の想いと、故郷への想いが
一体化していたのではないのでしょうか。
こんな風にたくさんの人たちに支えられ、祝福される新郎新婦さんって、
きっとよか人です。

コメント

非公開コメント