FC2ブログ

トラウマ


これ、都会ではあまりみかけませんよね?
ヘビジャクシ。とこちらでは呼びます。

小学生の時、登下校中道草をしていると、決まって春先は
このヘビジャクシに出会う。

「指つっこんだら、噛まれるばい!!」

とだれからだったか、洗脳されてしまい、私は恐ろしくて近づけませんでした。

確かにコブラが威嚇している姿に似ている。
そしてなんとも不気味な濃い紫。

花なのだから、当然噛みつくはずがない!と分かっていても、
大人になった今でも度胸を試したことがない。
噛まれそう・・・で怖い。

でもその直感はまんざらはずれでもないようでした。

調べたところ・・・

**************************************

ヘビジャクシ液 害虫処理(自然農薬)

道端に生息するヘビジャクシ(マムシグサ)を使用します。中から染み出る液に毒性があり、直接触ると皮膚がかぶれてしまいます。このヘビジャクシを3本とアセビ、アサガオの葉を7,8枚を水2リットルで5分程度煮込みます。煮込んだ汁は赤くなります。あら熱をとったら石鹸5gを溶かし、混ぜてこします。使用時には水で2倍に薄めます。

ほとんどの害虫に効果を発揮しますが、野菜などは散布後2週間は食べないでください。

※薬剤使用の注意点
◆使用に当たってはマスクやゴム手袋を装着し、腕や足は皮膚が完全に隠れるようにして使用しましょう。
◆万が一薬剤が皮膚に付いた場合はすぐに水で洗い流しましょう。また吸い込んだり飲んでしまった場合はよくうがいしましょう。
◆薬品ごとに薄める倍率や散布の仕方に違いがあります。必ず使用上の注意事項を読み、それにしたがって使用しましょう。
◆子供の手の届かないところで保管しましょう。


***************************************

・・・と。 
なるほど・・・。毒性があったのね。
子供だったから、大人たちが近づかないように、噛みつくばい!!と脅かしたのだ。
ほっ。度胸を試さなくてよかった!


こちらも凛と直立していますが、凶暴性はありません。
最近股関節がますます広がっている、ハナちゃんです。

コメント

非公開コメント