FC2ブログ

久しぶりのゆるっと博研修 今日のは面白かった~

年末から昨日まで小国から一歩もでていない引きこもりな生活でしたが、
今日は「ゆるっと博」の研修があるので、スタットレスの車で下山してきました

綿帽子姿の阿蘇の山々を眺めながら、会場の内牧の角萬ホテルへ。

今日は観光庁や運輸局の方々をはじめ、社)日本観光協会や民間企業の方など
幅色い講師陣の方が講義してくださいました。

本日は「発信型から着地型へ」
のマーケティングを中心にした講義内容でした。

例えば農業の例で言うと、昔は農産物を作ったらそのまま農協へ持っていき、農協が決めた
価格で引き取られ、中間卸業を通って小売店で並べられ、お客様の手元に届く…。
と言うのが典型的な流通形態でした。
つまり農家さんはただよいものを作ってさえいればよかった時代です。

今はみなさんご存じのように、農家は農産物を作り、自らそれを加工して、自分で販路を見つけ、
価格を決め、販売する(アフターフォローも)流れに変わりつつあります。
つまり農協任せではなく、農家自身が主体となって動く時代です。

観光業も旅行会社さんにすべてお任せするのではなく、地域住民と連携をし自分たちで
お客様のニーズをつかみ、自分たちの資源を探し、そのギャップを調査して企画販売していく…

今回の講義は実話を含めたそう言ったしくみ作りを説明してくださいました。

いや~久しぶりどきどきわくわくしました
靄がかかっていた頭の中が、すっーっと拓けていく感じです。
講義後小国郷から参加していた3名の方々と妙に団結意識が芽生えたような…。

良い話を聞いたら、まずは一歩踏み出さないと

お正月でゆるんだ頭もすっきりした一日でした!

bara.jpg

本日のランチは、すぐ近くの「はな阿蘇美」の農家バイキング。
結構料理も豊富で、薄味と濃い味と両方の味付けでバランスも良かったです
 大人@1260なり

食事中は近隣町の方と寒さ自慢話で盛り上がりました。
ちなみに同じ敷地内にある「阿蘇市観光協会」のYさん(だれだー)はかなり面白い方です。
内牧で穴場な食事処へ行きたい時は、ぜひ阿蘇市観光協会へ

蛙工房でのお仕事

design_20110110172615.jpg

ようやく『ごぼう茶』のラベルが完成しました。
農産加工品を作ったら、やっぱりそれをお客さんに手にとっていただけるような
パッケージが必要です。
もちろんプロにお任せすれば一番簡単でセンスよくできるのですが、
私のようにSOHOな人は、一から十まですべて
自分で考えて、作成して、販売までしなければいけません。
でもこれってすごく楽しい作業です

私はど素人なのでデザイン系ソフトはあまり使えません。
本格的にデザインを勉強したことがあるわけでもなく、
センスがものすごくいいわけでもなく、
仕上がりもどっか垢抜けないのですが(市販品のようなデザインはムリ!)
でもその垢抜けない素人感が手作りものには必要では…とできないことの
言い訳として使っています。

基本は手書きが好きなのですが、そんなことをしていたら腱鞘炎になるので、
ちょいちょいPCの力は必要です。
でも自分で作ったものには愛着がわきますね~。
(そう言えば昔一人暮らしをしていた時、やってはいけない部屋の
リフォームをしたもんです。築ん十年の部屋でしたが、愛着がありました)

ラベルは目を引くデザインが一番大事ですが、やっぱりお客様が知りたい
情報を一目でわかる親切な文面が命だろうな~と、うんちくを考えました。
うんちくを考えるのは結構好きです。

今回は女性のお客様に…と言うことで名づけて、

「ごぼう茶で健康美人」

健康美人って???

私の周りはアラフォー・アラフィフ以上の方々が多く、美容よりまず健康を気遣うのです。
健康なくしてキレイにはなれませんからね…
美しいお姉さま方々がただ今飲み始めたところです。
どんな結果になるか楽しみです
(ちなみに健康美人と言いながら父親も飲んでます

さて肝心の私は…?

重い腰にはプランニング

plan.jpg

年も明けて、食べて飲んで寝ての生活もそろそろ脱せねば…と思いつつも、
この寒さで腰が重たくなります。
でもそんなことを言っていたらあっという間に1月が終わり、桜が咲く季節が訪れ、
なんだか気分だけが高揚し、あっと言う間に夏休みに突入して毎日をこなすことに追われ、
そして秋が来て一つ年をとり(10月生まれのてんびん座です)、
『これじゃいかんばい!』と焦りながらいつの間にか大掃除…。
と、こんな感じになってしまいます(かなり極端な流れですが)

なので比較的時間のあるこの時期に、しっかりと今後をプランニングしよう~!
とただ今手帳とパソコンを使って作業中。

実はこの作業ここ5年近くしているのですが、昨年は年明け早々多忙だったため
このプランニングをせずにスタートしたのです。
まるでその一年を予測していたかのように…

昨年は全く予想外の展開ばかりで(私はイタリアに行く予定は当初全くありませんでした。
と言いますか、そもそも小国に帰ってくる予定はなかったのです
プランニングしていなかったからのか、それともする必要がなかったのか、
よくわかりませんが、人生は読めません

でも今年はちゃんとプランニングを立ててます!
なぜならば私は放っておくとぼ~っとする性格だからです
ここら辺一時もじっとしていない母とは全く異なります

活動的なイメージが強い私なので(多分?)意外に思われるかもしれませんが、
動物占いはコアラ  なので(笑)、実はぼ~っとするのが好きなのです
田舎でましてやお勤めをしていない身ですので、何事も自分で興さなければ事が
起きないのでこんな風にプランニングして、文字にして、
『いかんいかん!』と気合を起こすのです。

でも小学校の時みたいに夏休みの計画だけは早く終わり、宿題終わらず…泣く。
そんな成長のない一年にならないよう、一つでも○をつけたいもんです




冬の寒さはやっぱり堪える

turara.jpg

今日の寒さは尋常じゃありません。
あまりの寒さでトイレの水道管が破裂し、くじらの潮吹きのように
ものすごい勢いで水が噴き出し、我が家のトイレは水浸し…。

昨日NHKハイビジョンでイタリアで山暮しをするある家族の番組がありましたが、
そこでも冬の凍結で水道管が凍った…と困ってました。
国変われど山はどこも同じ状態です


zenzai.jpg

そんな寒い中ですが、今日は五木村のグリーンツーリズム研究会の方々がお泊りに
来てくださいました。冷えた体にはやっぱり「ぜんざい」。
今日のぜんざいは、サツマイモ・かち栗・おもちです。
いろんな味が楽しめて、体も温かくなります。
もちろん便乗して私もひとくち。またまた食べ過ぎ。
ダイエットは暖かくなったらはじめます。

七草粥で今年も元気に!

kayu.jpg

今日は七草の日。
お正月はごちそうやお酒など、かなり飲んで食べて動かず…の生活でした。

七草粥には「万病を除く」意味と「疲れた胃にやさしい」と二つの効果が
あるそうですが、ほんと7日目の体調ってそんな状態です。

我が家は七草ではなく、今回は近くの田んぼで採れた「田ぜり」と
おもちを使用。この厳寒の中で育った田ぜりはかなり味が強めです。
これに黒米など7種類の雑穀をブレンドしてぐつぐつと

栄養満点ですが、余計に食欲が…。
なにはともあれ、寒い今日にはぴったりの体があったまる粥でした

パンダ豆とごぼう団子のシチュー

sityu2.jpg

寒い夜はやっぱりシチュー。
今夜は小国ジャージー牛乳を使った『パンダ豆とごぼう団子のシチュー』です。

mame.jpg

これがパンダ豆です。ちょっと煮ているので形がいびつですが、生のパンダ豆は
きれな黒と白の名前の通りパンダのような豆です。
昨年は蛙家は豆が豊作だったので、今年はいろんな豆を使った料理を…ということで
新たにできた一品です。ちなみに黄色の粒は銀杏です。

dango.jpg

ごぼう団子です。
シチューは一切お肉を使っていないので、このごぼう団子でコクをだします。
今回は初料理と言うこともあり杯一杯のひき肉を使いましたが…お肉なしでもいけます!
ごぼうの味がとても効いていて、十分コクがでていました。
ちなみにこのごぼうは…

gobou.jpg

私が作っている『ごぼう茶』の煮出した後のものです。
いつもこれくらい(写真は煮出す前のもの)の量がでるので、我が家ではお味噌汁に
入れたりしますが、今日はごぼう団子へ変身
煮出した後なのに、ごぼうの味の濃いこと!さすが小国のごぼうは違う
本当にびっくりしました!

早速今週末のお客様への一品にお出しします

*********************************************************

ごぼう茶 1袋60g 800円

sacon12@hotmail.co.jp

*********************************************************


今年もよろしくお願いいたします

sora.jpg

晴れ渡る澄み切った空の年明けです。
雪はまだまだ残っていますが、白と青のコントラストがどこまでも続き、
気分はなんだかすっきり!

omedetou.jpg

今年は年の暮れから降り積もる雪でどうなることかと思いましたが、
お天気のおかげで道の雪は随分ととけました。

元旦は父と母とむさしとらんちゃんとシンプルなお正月料理をいただきました。
人数が少ないと簡単になるんですよね。
でも今年はイタリアで滞在したワイン農家さんのワインで乾杯

このワイン(写真)はモスカートと言うぶどうの品種のもので、
食前酒にぴったりの甘さです。
下戸な母もこのワインには目がないのです!

実は今年からこの農家さんより赤と白ワイン2種類をインポートする予定です。
私が実際見てきた畑で採れたぶどうでつくるワイン。

イタリアの農家さんと日本の農家が直接つながるなんて、
なんだかうれしい。
 

販売はできないため、宿にお泊りのお客様だけのお楽しみですが、
こんな山の中でイタリア直送ワインが飲めるなんて、ちょっと粋でしょ(笑)
(おそらく日本のどこにも販売されていないと思いますっ)

mika.jpg

遅ればせながら

新年、明けましておめでとうございます

今年もさこんうえをよろしくお願いいたします!


PS:今年もおみくじは大吉
  3年連続~と感動していたら、なんと今日お互いの都合のため会えないはずだった
  友人家族(東京より帰省)と神社でばったり!う~ん幸先よろしいようで、
  今年の運に期待しています