FC2ブログ

元旦に読む一冊

book.jpg


こちらは西日本新聞社さんの出版部の方からいただいた本です。

西日本新聞社さんと言えば、「食卓の向こう側」など食を取り囲む
現代社会事情を取り上げた本も出版されていて、私もその内容に衝撃を受けました。

今回いただいたこちらの本を見た時に、似たようなデザインの本をふっと思い出し、
宿の本棚に行ってみると、やっぱり…

「いのちをいただく」

こちらの本も西日本新聞社さんから発行されていて、確か一年くらい前でしょうか、
たまたま本屋でかわいい表紙だな~と思って手にとったのですが、
もうーそこで暫く立ちつくしました

かる~く立ち読みのつもりが、途中でうるっときて読めなくなり、大事に一冊買って
帰ったのです。

私に子供がいたら絶対読ませたい本です
子供ではなくとも、いえむしろ大人の方にこそ読んでいただきたい
「いのち」のありがたさを教えてくれる一冊です

さこんうえもたくさんのいのちをいただいてます。
原点に返る一冊です。

「泣きみそ校長と弁当の日」も涙しそうです
スポンサーサイト

ヒットの予感

t02200293_0240032010931282284.jpg

先日もブログでお伝えした「ごぼう茶」
嬉しいことに徐々にリピートのお客様が

と言うか自分のブログで宣伝する前に完売してしまいそのままでした
  
tea.jpg

小国産ごぼうで作る  手作り「ごぼう茶」
かなりこだわって作ってます

一袋 60g 800円(税込)送料別
粒状にしてあります。


ご注文はこちらまで sacon12@hotmail.co.jp
***************************************

飲み方①(簡単) 2g(3つまみ)を御湯呑に入れお湯を注ぐ。
       蓋をしてちょっと蒸らすと香りや味がよくでます。

飲み方②(経済的)6gのごぼう茶をお茶パック入れ、水約1リットルで軽く煮出します。

簡単な飲み方でも1カ月分はあります。

***************************************


私はごぼう茶のおかげで自然とコーヒーいらずになりました。
なかなか止められなかったんです
私のごぼう茶を飲んでいる友人が調べてくれたのですが・・・

ごぼう茶にはコーヒーと同じクロロゲン酸とタンニンが入っているため
コーヒーのような満足感を得られるようです。
なんとなくカフェインは肌に…と思っていた女性には朗報です
繊維もばっちり!

ちなみにこのごぼう茶、そのままお出汁にも使えますのでお忙しい方にはぴったり。

小国のごぼうは山間の超えた土で作られることが多いため、味が濃いようです(叔母曰く)

結構やみつきになる味です

sumi.jpg

実は炭火で乾燥させております。この前あまりの寒さで室内でしていたら、
危うく一酸化炭素中毒になりかけました。以後気を付けます

数に限りがあるためすぐにご用意ができないこともありますので、
ご了承の程お願い申し上げます。

お世話になったあの方へ・・・寒かったです

mochi2.jpg

年末の大仕事は大掃除だけではなく、我が家はお鏡の餅つきもあります。
今年は小雪舞い散る中の作業で辛い

mochi3.jpg

今回から新兵器が登場!お餅をカットするマシーンです。
と言ってもごろごろハンドルを回し、かっくんとカットするシンプルな機械。
でもいつも熱そうにお餅を切り離している父は少し楽になったかも。
でも思うような大きさにならず、母とケンカしながら作りました

mochi1.jpg

うっすらと雪が舞い散り、

yuki.jpg

翌朝は一面真っ白
この時期にこれだけ雪が積もるのは珍しいことです。

yuki2.jpg

ご安心ください。お昼には雪も融け道路もほらっ。
でも夕方はご用心を。凍結で車がスピンしてしまいま~す。

yukidaruma.jpg

お泊りの小さなお客さん(4歳と5歳)が頑張って作ってくれた雪だるまたち。

mine.jpg

おまけ。
連泊のご常連さんに体が温まるミネストローネをお出ししました!
他にもロールキャベツや山芋のあんかけなど、新作もちらほら

寒い中ありがとうございます!

お世話になったあの方へ

konyakumae.jpg

毎日ドタバタとケイコさんは走っています

暮れにはお世話になった親戚や知り合いの方へお歳暮を贈りますが…
我が家のお歳暮は手作りが基本。

鍋の中のお芋はこんにゃく芋。
これをくどでしばらく煮て…

konyakubig.jpg

もうこんにゃくに
なんて中間の作業を撮影できませんでした
本当は茹でたお芋をミキサーにかけソーダーを入れます。
本当はにがりを入れるのがいいのですが、保健所の関係でこちらを使用しないと
いけないようです。

konyakuato.jpg

成形したこんにゃくを再び熱湯へどぼ~ん。
しばらく煮て、出来上がり。

ゆず醤油でいただくこんにゃく刺身が絶品です。

今年もシングルベルです。

cake.jpg

今日はちょっと雪が舞いました。
ホワイトクリスマスです

ムラのご近所さん、河津姉弟が経営する「果林」のガトーショコラのクリスマスケーキ。
美味しかったです
天然酵母の石窯パンもお気に入り。特にクルミのパンとチーズパン。

年末は30日まで営業とのこと。
お正月は2日から。押戸石に初もうでに行かれる方はぜひ立ち寄ってみてくださ~い!

カフェ 果林

まめ・まめ・まめ

mamekoroke.jpg


「来年は豆料理をするよ!」っと母が。

今年は豆がよく実り、料理にもたっぷり使えるので、
ここらで新メニューを!と。

こちらは「赤豆のほうれん草のコロッケ
栗のような豆の甘さとほうれん草がほくほくして美味しいです。

ソースはさこんうえのトマトで作った手作りソース。

お客さまにも好評でした

定番メニューのたかきびのコロッケは、たかきびの紫蘇ハンバーグに
変わりました!

こう見えて今回の豆料理を作ったの私なんですよ~
(ちょっと形悪かったけど

食べにいらしてくださいね~

久しぶりの福岡ナイツ。女子会でぱーっと。

motu_20101222234129.jpg

師走ですね~。
なかなかブログアップができず、1週間も前のできごとをアップしております

2年ぶり福岡の夜を楽しんできました

大名にあるもつ鍋や「味味」。
老舗なんですが、手頃で美味しい!!
平日なのにお店はいっぱい。

atu.jpg

久々お友達とぱーっと
女子会ってやつです

メンバーは・・・

福岡で眼科のクリニックをされている癒し系あっちゃん先生(写真右)

旦那様のお仕事で今は高松在住。行動派の視能訓練士ならちゃん(写真中)


dekoeri.jpg

たびたびこのブログでも登場の頼りになるパタンナー、デコさん(写真右)

ちょっと顔が赤いよ。何が次に起きるかわからない、起業準備中のえりちゃん!(写真左)

とまあー職業も住んでいるところもバラバラの私たち。
最初は久しぶりご飯でも食べよう!と集まり、わいわい話をしていたのですが、
やはり話題の中心は、「健康」と「美容

そこから今テレビやネットで話題沸騰のごぼう茶の話が…
(某クリニックの55歳の先生が見た目30代にしか見えない!と言うミラクルなお話です)

ここまではごくごく普通の光景ですが、私たちの場合これでは終わらず、
これを製造して販売できないかと、いつの間にか打ち合わせ会議になってしまいました。

その結果…

t02200293_0240032010931282284.jpg

じゃーん
作っちゃいました。
小国産のごぼうで「完全手作りのごぼう茶」
一人で作ったので結構手間暇かかりました~

味は飲みやすく、かなり粒も細かめなので無駄がなく、私も気に入ってます。

tenpi.jpg

ごぼうはちゃんと天日干しして、ミルして、炒って…。
都会で作り続けるのはなかなか大変な作業です。

そんなこともあり最初に作ったものは完売してしまい、
ただ今第二弾の加工に入っています
実はニューヨークで美容師をやっているデコさんのお姉さんからもリクエストが。
私のごぼう茶がいきなりアメリカ進出です

手を真っ黒にしてガンバリマス!




cafe_20101222233815.jpg

福岡の続き…

翌日はけやき通りからちょっと入った、えっ!こんなところにお店が…と
10人中10人の方が思われるような穴場なカフェへ。


rin.jpg

カフェを教えてくださったりんちゃん(写真右)
りんちゃんは福岡でフェイスエクササイズの先生とアロマセラピーをされている
超素敵な女性です

ちなみに店内は北欧風のデザインで、お母様と娘さん?らしき方と3人でされているようでした。
かなり癒されるカフェです。写真がありませんがお母様がかなりオシャレ!
いかします

楽しい福岡滞在でした!
さーごぼう茶がんばるぞ~

安心院でGT

tokitasan.jpg

昨日は宿をお休みして、安心院で開催された九州グリーンツーリズム(GT)シンポジウムに
母と一緒に参加してきました!

あまり土地勘のない私は、思いっきり道に迷いサファリパークの方向へ
途中まで調子良かったのに…。でもおっきな象の看板はみれたけど
人に尋ねながらぐる~と遠回りして安心院に到着。

会場には農家民宿をされている方々を始め、GT協議会や研究会関係の方、行政の方々など
たくさんの人で賑わっていました!

母は行く先々で久しぶりの再会を楽しんでいました

私たちが到着した時、聞き覚えのあるあの声が…。
「むか~し、むか~し…」のまんが日本昔話の常田富士夫さんがちょうど
講演をされていました。

実は常田さん、南小国のご出身なんですよ。

なんだか昔にフラッシュバックしました
(龍に金太郎みたいな子供がのっかっている姿が…分かった方は私と同世代です(笑)


stage.jpg

会場ではいろいろなトークがあり、最後にステージにて県毎に自己紹介がありました。
来年のシンポジウムは鹿児島で開催と言うこともあってか、鹿児島からは
バス1台分の参加者の方がお見えでした。

熊本は少なかったかな~。私は座席でぼ~としていたんですが、DAN爺の一声で慌てて
母と一緒にステージへ!母はステージで夢宣言をしていました!
さすが有言実行型

slowfood.jpg

お昼からはお目当ての「スローフード交流会」
安心院のお母さん方が数日前から準備して作ってくださったお料理の数々。
たくさんの郷土料理が所狭しと並んでいました。

どれもおいしそう

amigohan.jpg


mosougohan.jpg

ごはんものだけでもたくさんの種類が

plate.jpg

どじょう料理もあったんですが、勇気がなくて一匹だけ。
でも臭みもなくて大丈夫でした。
シシ肉のハンバーグなんかもありました。
デザートもちゃんと押えましたよ!

どの料理も美味しく、テーブルの上のお料理はほとんど完食状態。

安心院のお母さん方、ありがとうございますm(__)m

matyu.jpg

安心院から小国へ帰る途中になんと「マチュピチュ」が出現


matyu2.jpg

「マチュピチュ」です!何となく…あの山が。

お日様パワーで越冬準備。

kabocha.jpg

昨日は朝から暖かく、こんな日はふとんを干したり、野菜を干したりと農家は大忙し。
今日は一気に野菜を干し、冬用として保存食を作ります。

色鮮やかなかぼちゃ。

azuki.jpg

農家には欠かせない小豆。これであんこを作ります。

piman.jpg

秋の終わりがけに大量に収穫したピーマン。


yuzu_20101202182441.jpg

そして色づいたゆず。これはちみつ漬けも美味しいです。
寒い季節には欠かせないですね。

ゆるっと博 第3弾 今回は南阿蘇。

kankou.jpg

ゆるっと博研修第3弾が昨日開催されました。
今回は南阿蘇。
北阿蘇に住む私もちょっと憧れる広大な南阿蘇。
私は普通の集落を見たかったので、久木野の久石コースをチョイスしました。

「南阿蘇村観光案内所」を出発し、まずはすぐお隣の物産館へ。


busankan.jpg

はっきり言って広いです!
小国負けたよ(笑)
加工品の品ぞろえも結構あり、ここでおすすめなのは米粉のケーキ(だそうです)。
残念ながらこの日は売り切れ
お隣の食堂(レストラン?)は4時半になるとタイムセールになり食事が安く
なるそうです。お得

gogaku.jpg

物産館の真後ろは阿蘇五岳のパノラマがど~ん!
北阿蘇から見る阿蘇とは全く山の表情が違います。
南阿蘇は全体が見えるため、どちらかと言うとヨーロッパ的な景色です。
この景色に魅了されてか、多くのアーティストが移住し、
アート文化も発展している感じです。

小国もある時期はすごくアーティストの方が多かったのですが、やっぱり
寒さがこたえたのか?ちょっと最近お見かけすることがないです。
その分地元の若者たちが頑張ってます

ちなみに写真のお方は、「かなばあちゃん」と言うイメージキャラクターのようです。

michi.jpg

普段絶対歩くことがない集落。
案内人さんがいてくださるからこそ、ふつーの集落で宝さがしができるのです。
これはわが「なかゆた」むらも同じですね。

jinejyo.jpg

途中で自然薯を掘っている農家さんに遭遇。
自然薯ってあんな風に横たわっているんだ…。農家の娘も知りませんでした。

suzume.jpg

衝撃的映像ですみません
これスズメバチの焼酎漬け。

sobaya.jpg

案内所の道を挟んで見えるお蕎麦屋さん「なのはな畑」のご主人のもの。
売り物ではなく、ご自身の健康のためだとか。
なかなかグロッキーな感じで、腰がひけました。
肝心のお蕎麦ですが、ちろん地元久木野のお蕎麦なのでとても美味しい(そうです)
今度食べてみたいです。お値段も庶民価格でした。

beat.jpg

お次は南阿蘇で一番の展望台(私が勝手に思っています)「アスペクタ」
カントリーゴールドで有名な会場です。

年齢がバレバレですが、アスペクタが始まった頃はそれはそれは
超一流のアーティストがこの山奥まで来ていたのです。
その中でも伝説のライブと言われている「BeatChild」は、尾崎豊やBOWY、
佐野元春、streetslidersなど30歳以上の人には懐かしいミュージシャンが集結。
そのポスターが今も飾られています。
確かうちの従妹が内緒で行ったんじゃないかな…。

lift_20101201133812.jpg

なんとミュージシャン気分でリフトでステージへ!

gogaku2.jpg

ステージ後方は阿蘇五岳!
あまりのスケールに、カメラにうまくおさまらずピンボケ。
でも実際はすごいです!

stage-2.jpg

ステージは横幅130m。長いです
これを走るとなると相当体力必要です。
ちなにみここに好きなCDを持ってくると2曲までかけてくれるそうです。
お値段なんと500円!
自分だけのコンサート会場へ変身

これを聞いて、こんなところで思い出の曲をかけてもらって、
プロポーズとかしてもらたらサイコー!と年甲斐もなく妄想を語っていたら、
なんだか担当の人がのってきて、細かい話に(笑)

アスペクタの担当の方曰く、実際そんなことがあったそうです。
やっぱり
私の妄想もたまには冴えるわ(笑)

cafe.jpg

アスペクタにはカフェも併設。かわいいお手製看板。
会場奥にはキャンプ場もあり、1テント1000円(何人とまっても)
探せばリーズナブルな場所はいくらでもあるんですね~。

他にも大声を上げてその大きさを測ってもらったり…
とにかくお手軽な価格でいろんなことができるアスペクタでした!

wanwan.jpg

おまけ。わんちゃんが5匹。どのこもかわいい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。