FC2ブログ

旅のしめはスイスです。

昨日からさこんうえもこたつデビュー
こたつを囲んでのやさい鍋はサイコーに美味しいですよ~。
天気の良い日中はともかく、朝晩は冷えるのでお泊りの方は
厚手の長袖必須です(コートは早いですよっ)

さて旅日記も残すところスイスで最後になりました!
当初の予定ではドイツのアグリツーリズモに滞在でしたが、
希望のアグリが多忙で今回は諦め、その分スイスで思いっきり
楽しみました!

トリノから列車でミラノ中央駅まで行き、そこからスイスへ向かいます。
滞在先は南イタリアで出会ったスイス人のご夫妻のお宅。
実はアグリツーリズモのお客さんなのです。
私が旅の終わりにスイスに行くことを話したら、ぜひ我が家へ寄って!と
何度もお誘いいただいたので、ずーずーしくもお邪魔しました。

スイスの南西、ローザンヌから電車で数十分のモルジュと言う閑静な街です。
私も到着するまでどんな所か知りませんでしたが、着いてびっくり!
目の前にレマン湖が広がり、天気の良い日にはモンブランが見える贅沢な
場所。ミネラルウォーターで有名なエヴィアンが湖を挟んで真向いにあり、
ベランダから眺める景色は壮大です!

house.jpg

ここが滞在させていただいたお家です。庭があり、小さな畑で野菜も育てて
いらっしゃいました。レマン湖もすぐそこです。

house2.jpg

家の中がまた素敵
オシャレな家具や食器に囲まれたダイニング。

mihe.jpg

こちらがお世話になったご夫妻。ご主人がスイス人で奥様はスウェーデン人。
ご主人がリタイアされた後、お二人でスウェーデンのステーショナリーを扱う
お店を始められました。
このお店がまたオシャレで、日本人観光客にも大人気らしい~。
もちろん私も買い物をしちゃいました。
ちなみにここのお店です!(スイスのジュネーブ支店です)

ORDNING&REDA

zel.jpg

モルジュ滞在中はお父さんがずっと観光案内をしてくださいました。
わずか2日間でしたが、なんとマッターホルンを見るために車で片道2時間以上かけて
ふもとの町ツェルマットまでドライブへ
ツェルマットは車の乗り入れが禁止のため、テッシュ駅に車を停めてここから列車で移動します。

mata.jpg

じゃーん!この日はあいにく天気が悪く、マッターホルンも雲隠れ~。
なんとなくマッターホルンが見えますでしょうか?
ちなみに山の左側です
元々天気が悪かったのでいちかばちかの登山でしたが、残念。

leman.jpg

帰り道は世界遺産にも指定されているレマン湖畔のラボォーをぐるりと回ってみました。
ぶどう畑が点在し、畑の緑と湖の青のコントラストがキレイだこと。
leman2.jpg

しばらくすると日が沈み、辺りは一変。
スイスに住みたいと思った瞬間でした…。
chees.jpg

翌日はモルジュの北側のチーズ牧場へ。
スイスと言えばチーズでしょう。
ガランガランとベルを鳴らす牛さんたちをたくさんみかけました。

chees2.jpg

牧場のおじちゃん。日本へのお土産にと、ここのオリジナルブランド?の帽子やペンケース、
チーズのキーホルダーとなんだかたくさんグッズをくださいました。
ここで飲んだモルジュのワインが忘れられない…
もちろんチーズはもんくなしのおいしさ!!

boat.jpg

楽しかったモルジュも最後。
お世話になったお母さんにお礼を言い、お父さんにウシーのポートまで
送ってもらいました。今度はモルジュからボートに乗ってレマン湖畔をクルーズし、
夢のゴールデンパス列車に乗り換えます。


bike.jpg

ちなみにここのポルトで週末トライアスロンが開催されるようです。
バイクにのった人がたくさんいました。

frag_20100927212145.jpg

イタリアが最後と思っていたボートの旅がまたこんな形で実現し、わくわく。
風になびくスイス国旗がかっこいい。

boat2.jpg

ボート側から見る町並みどの国もキレイ。
大きい町から小さな町。いろんな表情があって、いろんな人が乗り降りして、
見ていて飽きない。







スポンサーサイト

飲んだのなんの。

こんばんは~ここ数日宿が忙しく、パソコンを開けても睡魔に襲われ
一文字も打てませんでした

今日ようやく一息ついたので、一気に旅日記を進めます!

と言いながらイタリアの旅はこれで最後(スイスを残すのみ)!
最後の研修先のアグリツーリズモへ~。

場所はピエモンテ州、カネッリ。
ここはアスティ県に位置し、ワインでとっても有名な場所
ちなみに私はラスペッツアからの移動でまたまた電車が遅れて最終バスに
間に合わず、アグリの方が1時間以上かけて車で迎えに来てくださいました

rupestr2.jpg

今回3週間滞在することになった「rupestr(ルペストル)」
ルペストルとはブドウの品種からとった名前。
南イタリアとは違ってこちらは山々が連なる地域だけに、近くの町から
くねくねと細い道を5.1キロ上っていきました(標高は600mを超えます)

rupestr.jpg

ここがルペストル。全部で10部屋あり、家の正面にはルペストルを愛してやまない
芸術家の方々アートが飾られています。

gergio.jpg

作品のひとつ、正面玄関のドアを飾るステンドグラス。
男性がぶどうの葉っぱから顔を出しているユーモラスな作品。
実は夜見るとこの顔が明りに照らされて結構怖い…。
私には全く浮かばない斬新なデザインです。

gergio2.jpg

その作品のモデルでもある、オーナのジョルジオです。
北イタリアは南イタリアより閉鎖的な人が多いと言われる中、超超オープンな
人柄のジョルジオ
常にジョークを飛ばしながら、笑わせてくれます。
とにかく働き者です!!!
ちなみに彼はオリンピックが開催されたトリノのレストランのオーナでもあります。
週末以外は朝7時には家を出て、地元の食材を集め、高速を120キロ以上のスピードを
出してトリノへでかけます(普通の人だと2時間近くかかるトリノですが、ジョルジオは
1時間で到着します)

alpus.jpg

これがルペストルにしかない絶景です!
なんと遥か彼方にアルプス山脈が!(写真がピンぼけなのが残念)
ぶどう畑が広がるパノラマビュー

grape.jpg

ワイン用のぶどう畑。ちょっとつまみ食いをしましたが熟してなくて苦かった。
きっと今頃収穫の時期でしょうか…。

rainbow.jpg

山の上は突然雨が降ってきます。それも半端じゃないほどの雨と雷が
でもそんな雨の後にはこんなご褒美が!
ぶどう畑の間から虹が~!それも二本も!



poteto.jpg

ルペストルもたくさんの郷土料理を作ります。
ここではじゃがいものニョッキを習いました。
7キロ分のじゃがいもをゆでてマッシュし、小麦粉で合わせ生地を作ります。

nyoki_20100920215121.jpg

7キロですからみんな総出です。
今回はお客さんも参加。ベルギーから来た彼もママと一緒にお手伝い。
フォークを使ってコロコロと形を作っていきます。
さこんうえでも一度作りました~。

annyo.jpg

次は名物のアンニョロッティ。
パスタマシーンで何度も伸ばした生地の上に、お米やお肉などをミンチにした具を
生クリームのようにぴーっと乗せていきます。

anyo2.jpg

具を包み込み、親指と人差し指を使って、ぎゅぎゅとつまんで波型に型をつけていきます。

anyo3.jpg

余分な生地をカットし、波型の間をリズムカルにカットしていきます。
これが見た目より難しい~!カットの仕方が悪いと横から具がはみ出て、茹でる時に
具なしワンタン麺のようになってしまいます。

anyo4.jpg

もちろん私も手伝いましたよ~。最初はノロかった作業も何回もする内にコツがつかめ始め、
お肉のはみだしも随分減りました!
パスタマシーンを購入してチャレンジしたいな!

lunch_20100920215121.jpg


時々こんな風にお客さんたちと外でも食事を!
ワインがうまいのなんの!


mika-divizia.jpg

おまけ!2本も飲んでしまった!
っと言うのは冗談。私がプロセッコが大好きで毎晩飲んでいたので
ジョルジオがこんな写真を…。
暑いイタリアの夏はすっきりしたワインがおいしい!

マッチ箱の町。

丘の街、オルビエートを経ち旅行最後に向かった町はラスペッツイア(La Spezia)。
この街から列車で数分のところに世界遺産のチンクエ・テッレと言うマッチ箱のような
町があります。
ここも蛙夫妻が昨年訪れた町で私も一度訪ねてみたかった場所です。
チンクエ・テッレを訳すと「5つの土地」。
5つの町はそれぞれ列車やボートで行き来ができるようになっています。
岸壁に建つ町の景色は海側からきれい。
今回もボートでの移動が希望だったので、列車とボートが乗り放題の
チクエテッレカードを購入し出発。

town.jpg
「ヴェルナッツア」

town2.jpg
「リオマッジョーレ」

hotel.jpg
「モンテロッソ・アル・マーレ」

新市街と古市街がトンネルで別れています。
新市街の端の方にふる~いホテル(レストラン?)があり、何やら人の形に
似たオブジェが…。

ここチンクエ・テッレは、そこに住む人々が急斜面の固い岩盤を砕いて石垣の上に畑を作った
場所です。畑の土壌となるのは岩盤を砕いた際に出てきた砂。数百年かけて築かれてきた
石垣の総延長は、なんと 6,700 キロメートルに及び、日本列島を往復できる距離とのこと。
努力のかいあってこの痩せた土地にも何とか根付いた作物がブドウでそのブドウから
ワインを生産したそうです。(ウィッキペディア参照)

そんな人々の姿の証なのか…どうかわかりませんが、迫力ある姿です。

sea.jpg
どこへ行ってもビーチには人・人・人。
それ以上焼いてどうするのでしょう??と言うくらい皆さん真っ黒に焼いてます。
town-fr-sea.jpg
なんとなく上に導かれて町の中に続く階段を登っていきました。
海側の景色も最高ですが、汗を流しながら見る崖の上からの景色も格別です!
boy.jpg
町の中で酔い浸りながらギターを弾いている地元の子。
すでにこの年にして女の子を口説くとは…さすがイタリア人!
(彼女はそっけなかったけど)



line.jpg

歩きすぎてもうお腹は限界。
B&Bのオーナに教えてもらったラスペッツィア海岸沿いのレストランへ。
ショーケースに並んだ料理を選び、清算後横のテーブルでいただく。
えらく人気のお店だったようで、私の後ろには長蛇の列が…
初めてマックに行った日のような緊張感を覚えました
lunch.jpg
一皿がやたらに多くてびっくり!
エビとイカのフリッタをこんなに食べられるのか…と心配していましたが、
全然油っぽくなく完食です!
お値段もかなりリーズナブル。

山の子、山へ。今度は崖の上の街。

inosisi.jpg


じゃーん!いきなり今日はイノシシくんからスタートです。
海三昧の旅から今度は北上し山へ。ペルージャのちょいと下のオルビエートへ。
ここは崖の上に作られた小さな街ですが、茶色の石壁が並ぶ風情のある街です。

イタリアと関係ないですが、ただ今わが村「なかゆた地区」はイノシシ出没中!!
稲刈り間近を狙ってかイノシシが田んぼまで餌を求めて下山しているようです。
父たちは田んぼに電流牧柵を張るために朝から大忙し。
悪いことするとこんなになるよ!イノシシくん!ぶひぃー

ちなみにオルビエートはイノシシ料理が郷土料理なのです。
全然生臭くなく美味しかった~。

zenata.jpg
崖の街から下を眺めた様子。なだらかな丘が続く風光明媚な風景です。

zenatai0.jpg
とんがりぼうしの木々がならぶ家。ワイナリーかな?

zentai1.jpg

街は石造りでできており、全体がとてもまとまっています。
このあたり、ヨーロッパの景観づくりは進んでるな~と思うとこです。

tonel.jpg
ナポリから北上してきたので、ものすごく街がきれいで、車も少なく感じます。
(実際少ないんですが…)


hato.jpg
動物好きの私としてはついつい写真を撮ってしまう。
猫が鳩に急接近。見えにくいですがお互いの距離わずか1cm。

inu.jpg
うちのムサシなみにうるさい犬。壁から顔をだす姿がかわいい。

chiko.gif
今回とてもお世話になったcicoさん。実は私が最初のアグリツーリズモに行く際に駅で
出会ったニッポン人女性です。私がトスカーナ付近を旅したい!と話をしたら、
ぜひ我が家へ!と誘ってくださいました。
オルビエートで語学留学中。街を案内してくれたりと親切にしてもらい
楽しいオルビエートになりました!
ちなみに彼女が食べているのがチンギアーレ(いのしし)です。

poruchi.jpg
これが名物のトリフです!!乾燥ものでしたが香りがいいんですよ~

ナポリを見たら死にたくない。

昨夜BSTBSでわが町南小国が美しい村として紹介されました
昔から伝承されている吉原神楽の舞や黒川温泉の秘話、満願寺に暮らす人々の生活など、
地元に住む私も知らないことがあり楽しめました。

さて今日のイタリアの旅は「ナポリ」
ストライキ事件であまり良い思い出がないナポリが一変して大好きな街に!
これもイタリア語の先生セルジオのおかげです!

イタリア行が決まってものほほ~んとしていた私に、イタリア通のお姉さまが
「みかちゃん、イタリアは英語は通じないよ!」と。
いつもお世話になっているDan爺さんにも同じことを言われていたので、
付け焼刃ですがイタリア語を学ぶことに。
結局時間がなくてわずか6時間の勉強でしたが、セルジオは私が必要になると
思われる単語など根気よく教えてくれました。
そのセルジオが私がイタリア滞在中にナポリに里帰りするとのことで、ナポリで
合流することになったのです。たまたまイタリア通のお姉さまたちの旅行とも
重なり、久々のグルッポ行動で嬉しいことと言ったら!
(ずっと一人もさびしいんですよね~)

tansaku.jpg
さすが地元だけに迷路のように入り組んだ路を歩きます。一人だったら絶対無理!
mika-seru.jpg
いい感じに黒くなった私。ずっと海巡りだったのですっかり日に焼けてしまいました
ちなみに後ろの怪しい人が先生。
sakana.jpg
これぞナポリ!魚の市場がいっぱい路面にありましたよ~。
oji.jpg
おいちゃんが1€で魚をさばいてくれます。みなさん恰幅がよろしい。
sendo.jpg
キラキラ輝く鮮度の良いナポリの魚たち。
beranda.jpg
ベランダでくつろぐナポリっこ。何をみてるんだろ~
funikura.jpg
フニコラーレでナポリが一望できるヴォメロの丘まで登ります。
tenbou.jpg
じゃーん!これがナポリ!!!
まっすぐ伸びている路がスパッカ・ナポリ!
kazan.jpg
向こうにかすかに見えるのがベスビオ火山。ポンペイを一夜で埋没させた有名な火山。
阿蘇山はそうならなきゃいいけど…
tenbou2.jpg
展望台から海を眺める。コントラストが渋い。
mika-beer.jpg

帰り道は徒歩で…あまりの暑さにビール片手にほろ酔い気分で。
写真の青年は先生の甥っ子さん。みんなで乾杯
それにしても日に焼けたな~
bar.jpg
BARにも寄ってエスプレッソを。オシャレなBARでした!
yuuko.gif
夕方からは海岸にでかけ散歩。いきなり陽気なナポリっ子が写真のど真ん中に入ってきた!
だれだいキミは
gys.jpg
ナポリツアーのメンバー。
先生の甥っ子さんと姪っ子さん、そしてお友達。甥っ子姪っ子さんはローマっ子。
neko.jpg
海岸線はノラ猫パラダイス。堂々たる風格のナポリ猫。
kotue.jpg
コッツエのパスタ。塩加減の按配がよく、サイコーにおいしかったです
motu.jpg
これが有名な三つ編みのモッツアレラ!ナイフでカットすると、中からじゅーわっと
汁が染み出てくる。モッツアレラはやっぱり南イタリアが一番。奥にあるチーズはスモークチーズ。
maruge.jpg
そしてナポリの締めと言えば、ピッツア・マルゲリータでしょう
シンプルなのに生地の焼け具合がぱりぱりもちもちしてくせになる。
本場で食べられて幸せです

山の子、海へ行く。

台風の影響なのでしょうか、今日は朝から涼しく秋らしい一日のはじまりです。
昨日BS朝日で南イタリアが紹介されていました。
偶然にも私が訪ねた世界遺産のカゼルダ宮殿がでていて、
一緒に見ていた母に「ここ行ったばい!」と興奮気味に説明をしてしまいました。

旅から帰って来た後の醍醐味は、こんな風に自分が訪ねた場所が
テレビや新聞などで取り上げられ、それを見ながら「よかったね~」
と思い出にふけることです
イタリアの旅は両親も何度も行っているので話も合います。
母曰く「あと何回海外に行けるやろうか…行けなくなったら母さんの
代わりに行ってきて」と。
またまた
そう元気者の母のことですから、杖をつく歳になっても海外に行くことでしょう

さー南イタリアの続きです(あと5回くらいで終わると思います)
今日はテレビ番組と同じ「アマルフィー海岸そしてソレント・イスキア」と
海が続きます。


fune.jpg

思い出深いサレルノを出発し、今日はボートで世界遺産アマルフィー海岸を経由し、
ソレントへ。バカンスシーズンなので乗客が多いかと思ったらなんと私一人。
なんだか申し訳ないわ~と思いながら、立派な高速船ボートへ乗船。
ここでも船員のイタリア人の男性と話する機会がありました
(いちょう独身なので多少楽しみもないとですね…)
イタリア語ができないので残念ながら話が盛り上がることはないのですが、
なかなかかっこいい人でした 

ama.jpg

かの有名なアマルフィ海岸。バスでも行けますが、海からみた景色が一番きれいとのことで
私はボートを利用。本当キレイでした!
カメラがいまいちなのでいい写真がありませんでしたが、断崖絶壁に建並ぶ家々が
青空と紺碧の海からの光でまたキレイ
この街はセレブが多く訪れる街だけに物価はかなりお高め。
貧乏一人旅には無縁なのでやっぱりボートが一番。

yado.jpg
「HOTEL ANGELINA」
ソレントへ到着し、中心街からバスで10分ほどのB&Bへ宿泊。
住宅街ですが周りがレモン畑なので自然が豊かな場所でした。

zentai.jpg
B&Bから徒歩5分程度の場所に突然現れた景色。
絶景です。

yuuhi.jpg

ナポリ湾を一望。
夕日は一人でみるもじゃないですね

wed.jpg
隣のホテルでは披露宴が。
夕日を眺めながら美味しい料理をいただけるなんて幸せ。
いいな~。

hana.jpg
翌日はソレントの中心街近くの公園へ。
どこを訪ねても色鮮やかな花々が咲きみだれています。

wed-bridal.jpg
ここにも花嫁さんが!イタリアは平日でもよく結婚式があるようですね~。

wed2.jpg
公園の隣の建物が教会に。観光客の人も結構のぞいてました。

bongore.jpg
一人旅は色気より食い気。やけ食いではありませんが、美味しいボンゴレで至福の時間を。
B&Bのオーナーに紹介していただいたトラットリアですが、マンマが作るボンゴレはサイコーに
美味しかった!!おすすめです
riso.jpg
ここがトラットリア。海に面した場所にあります。
razania.jpg
別のトラッテリアでパスタを。ラザニアちっくですが、トマトが濃厚でぼ~の。




machi.jpg

ソレントに2泊した後はイスキア島へ!
ナポリ近郊の島で人気があるのはカプリ島ですが、この時期は観光客も多くホテルも
高くなるのでお隣の島に。ここイスキア島は温泉が有名。
街はとても小さくお店も少ないです。

lemon-2.jpg

ユーモラスなモザイク画。この辺りはレモンチェリが人気。
lemon.jpg
こんな感じでどこもレモンチェリを飾ってます。ストレートでは結構きついので、炭酸で割ると
美味しいと思います。
porto.jpg
イスキアもボートで回りました。2時間ほどのツアーでイスキア島一周コースで
35€だったかな?

machi2.jpg

S.Angeloの街。

途中でいろん海岸スポットにつれて行ってくれます。
海に湧き出る温泉も行きましたよ!
あと海に潜るならビーチよりボートがおすすめ!
海の透明度が全然違います!
私もタコのようにゆらゆら海に浮かんできましたよ!
ちなみに写真は港です。

bb.jpg

宿泊したB&Bからの眺め。
海から10分のはずが…相当急な坂道を登りました



3キロの庭園は長すぎでしょう。

イタリアの旅がなかなか終わらないので、毎日ブログを更新しています。
今日も涼しい風が吹き込む部屋でパソコンに向かう(本当に涼しいです!)

久しぶりにお友達とお茶をしました。
料理が専門の彼女はとっても勉強家。
今小国のパスタ屋さんでアルバイトをしつつ、自分で畑を耕し自然農法で
作物を育てているとのこと。
そんな彼女は4人の仲良しの友達がいるようで5人とも小国居住。
色々悩める年頃のようで、知らない間に私は「ねずみ姉さん」と言うあだ名で
彼女たちの中では有名になっているようです。
なんで有名かよくわかりませんが、この「ねずみ姉さん」。
私的にかなりお気に入り。つぼついてるわ
ねずみ姉さん…そうこのあだ名は私が彼女たちより一回り年上だから。
今後は二回り違うお友達ができるかも。大ねずみ姉さんと呼ばれて…。

余談はこれくらいにして、昨日に引き続きイタリアの旅行記です。
ちょっとピッチあげて簡単にいきます

青の洞窟パリヌーロ岬を後にし、翌日向かったのはナポリの北に位置する
「カゼルダ」と言う一見殺風景な街です。しかしここには世界遺産にもなっている
「カゼルダ宮殿」がありここを目指してたくさんの観光客が訪れます。
カゼルダ宮殿はベルサイユ宮殿をモデルに1753年から、スペイン・ブルボン王朝
のカルロス3世の命により建てられ、完成まで約30年の歳月がかかったとのこと。

caserda.jpg

縦247m、奥行き147mの巨大宮殿には1200ものの部屋数があり、どれもゴージャスな
調度品が満載。宮殿を横目に奥へ向かうと果てしなく続く庭園が見えてきます。
どうやら片道3キロもあるようです。そうとは知らず無謀にも炎天下徒歩で頂上まで行って
しまいました

庭園の一番奥に現れた池。不思議な像がありました~。
写真にはありませんが上の方から人工滝が流れていてその水の冷たいこと。
しばらくこの池に足をつけて疲れをとりました。

ike.jpg
帰りは素直に循環バスに乗って宮殿まで。でも時間がなくて
肝心の宮殿内は見れませんでした

明日はソレントを経ち、アマルフィ海岸をボートでそしてソレントへと向かいます。
ボート移動が大好きなので楽しみ






ナポリより南下。ここが青の洞窟パリヌーロ岬。

でだしからハプニングが尽きない旅ですが、ようやくこれぞバカンス!と言う場所へ。
サレルノから南下。Capo Palinuro(パリヌーロ岬)へGo!
ここは第二の青の洞窟(日本人にはカプリ島の青の洞窟の方が有名なので勝手に命名しました)
幻想的なこの場所は憧れの地でした。

サレルノ駅からまで列車です。当然1時間くらいの遅れは想定内。
イタリアではあまり過密スケジュールはおすすめできませんね~。
ゆったりまったり一日一か所くらい観光地を訪れる気持ちの方が楽しめるかも。

予想通り1時間遅れで列車は到着。
列車に揺られること1時間強。最寄りの駅に到着。
ここからはどうやらバスのよう。
もちろん何時にバスが到着するかはわからないので、のんびり待つ。
とにかく待つのです…。辛抱強く。

1時間もするとバスが到着し、ここから町へと下っていく。
ここでも同じ方向らしいご夫婦の後について行きながら、それっぽい場所で降りる。
(ナポリの経験より周りの会話には聞き耳をたてる癖が)
町のはずれでバスから降り、そこからまたバスで港まで。
でもどうやらバスの時間まで1時間以上あるようなので、散歩がてら歩いて海まで行くことにしました。

ま~暑いこと。既に美白は諦めていたのでおかまいなしに日差しにさらされる。
突然右手に海が!!!

UMI.jpg
ちょっと~キレイじゃない!!!
汗だらだらかきながら、ひたすら海めがけて歩く…。
ようやく海岸に到着し、早速青の洞窟ツアーの洞窟の申し込みに。

「人数が集まらないからもうちょっと待ってて」

そりゃそうよね…私一人のツアーじゃ赤字よね。
それに私も一人だと緊張するし(イタリア語できないので)

少し腹ごしらえをしてひたすら人が来るのを待つ…だれか来てくれるかな~。
BEER.jpg

※ビールを飲みながら待つ…

ようやくカップル一組の申し込みがあり、ツアーは決行!

UMI2.jpg

決行コンパクトなボートで海を走ります。

OI.jpg
ガイドのおじちゃん。日に焼けてかっこいい!

DOUKUTU.jpg

写真がぴんぼけでごめんない。これが青の洞窟!

KURAGE.jpg

クラゲが幻想的。ゆ~らゆ~ら。

WATASI.jpg
既に半袖焼け。かっこわるい。

とにかくここは泊りでくればよかった!!
というくらい綺麗な海でした









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。