FC2ブログ

ありがとう、とよばあ。



たびたび末っ子日記にも登場していた、とよばあ。
突然のことですが、10月30日に天国へと召されました・・・。

満94歳。
あと二日で95歳でした。

驚異的な回復力で入院して約1週間で病院を退院。
その後も何事もなかったように散歩をしていたとよばあ。
一昨日ちょっと具合が悪い・・・とかかりつけの病院へ診察にいき、
お薬をもらって床につきました。

しかし翌朝にはもう・・・・。
原因は2度ほど倒れた病気と同じ、脳梗塞。

100歳まで生きるとだれもが思っていただけに、突然のことで
ただただ驚くばかり。

わが村はほとんど自宅で葬儀をとりおこなうため、朝からバタバタと準備に。
悲しんでいる暇はありません。

まず、宿のご予約をいただいていたお客様へお詫びのご連絡。
お客様の中には、数か月前からご予約いただいていた遠方の方もいらっしゃり、
本当に申し訳なく思っております。
田舎の葬儀は、都会と違いとにかく時間がかかり、お客様にきちんとしたおもてなしも
できずご迷惑をおかけしてしまうので、このような形でお詫びとなってしまった
しだいです。
本当に申し訳ございません。

ばたばたと今日まで300人近くの参列者の方々にお別れの挨拶にお越しいただきました。

実はとよばあ、元々大正生まれだけあって潔い話が・・・。

とよばあ愛用の数珠をいくら探してもなく、あきらめていたところ、なんと箪笥の一番下
から封をした段ボールが。

「死んだとき着せてください」

と、とよばあの字で。

段ボールの中身は、お気に入りの着物(ゆかたに近いもの)、数珠、そして財布。
財布は私が15年以上前にオーストラリア留学から帰ってきたときのお土産。

涙がでました。


そしてさらに・・・3日前に、線香用の灰を自分で準備して近所の方にお願いしていたようです。


とよばあ、本能的に分かっていたんでしょうか。

「だれの手もとらず、ぽっくり逝きたい」

これが口癖だったとよばあ。

まだ親戚がたくさん家にいてくれているので、さみしさがピンときていませんが・・・
あとでジワジワと感じるんでしょうね。

父母が忙しく、祖父母に育ってもらった私。
ケンカもたくさんしたけど、今となってはもっとあーすればよかった・・・などど
考えてしまいます。

改めてその時その時を大事に過ごしたいと思った夜です。

そしてこれまでたくさんの方々に祖母のことを気にかけていただき感謝でいっぱいです。

ありがとうございました。



スポンサーサイト

働らかざるもの食うべからず。

関東に住む、甥っ子姪っ子はよく食べる。
そこでと言うわけではないけれど、今日二人はしっかり働いてくれました!



さこんうえのお米は、こんな場所で育ちます。


じいちゃんとコンバインで稲刈り。


田んぼの隅っこはコンバインが使えないので、こんな風にして手作業になります。


稲刈りした、でこぼこの田んぼを走るのがまた楽しい♪


おまけ。二人でまめとりも手伝いました!

おつかれさま!!
またよろしくね!

封印

蛙家のプライベートなことで大変恐縮ですが・・・

仕事から戻り、我が家のトイレに入ると・・・

トイレのフタに、ハナの写真が(-_-;)
それも死んだような姿が・・・。



ご存じのようにハナは相当な老犬。
自分の体を支えるだけでプルプル震えている・・・。
今日はハナに会ってないし、もしかしてハナが・・・。
となぜか勝手に想像が膨らむ。

母になぜトイレの便座にハナの写真が貼ってあるか尋ねると・・・
なるほど。

千葉に住んでいる姉とその子供たちがただいま里帰り中。
元気な甥っ子と姪っ子ですが、なぜか甥っ子は我が家のトイレを
嫌がる。それも相当なもの。

癇癪をまわす甥っ子に母がなぜか尋ねると、ど~も便座のイラストが
怖いらしい。



そこで母の知恵が回る。
甥っ子に目隠し用のかわいいイラスト入りのカードと、ハナの寝ている姿の写真の
どちらがいいかを選ばせる。

もちろん甥っ子は、ハナを選んだようです。
その甲斐あって、ちゃんと用をたせるようになった甥っ子。



母曰く、「きっとイラストの ×× がドクロに見えたとよ。」

おちおち寝ている暇のないハナちゃんです。





oguni collection 001


oguni collection


会場の「阿弥陀堂」
なぜ阿弥陀堂と呼ぶのかは不明。もしかしたらホールのど真中にあるオブジェ
(阿弥陀杉?)が置いているから?


ちゃんとレッドカーペットを敷いて、プロジェクターもばっちり。


小国には、熱い若者が多い!
・・・と改めて感じた夜でした。

「oguni collection 001」

実はこれ、ファッションショー。
地元でアートクレイ教室を主宰している方(私の同級生ですが)
とその仲間(主に地元かと)が集まり、小国の夜に華をそえてくれました。

初めての開催とのことでしたが、かなり本格的。
音楽は役場の方が。(本当はどっちが本職なのだろう・・・と言うくらいはまってました)
映像の方も地元。デザイナーだけあってセンスも◎
ヘアメイクも、地元出身のプロ。

モデルは、プロの方もいましたがほとんどが地元の高校生。
そしてかわいい子供たちも。

小国にはさまざまな家庭の事情があり、都会で仕事をしていた才能ある若者が
地元に帰ってきます。
田舎にしは開けた雰囲気を持つ小国ですが、それでも都会でやってきたような
仕事ができるとは限りません。

「小国だから・・・」と諦めに近いセリフをたまに聞きます。
でも今日のショーを見ていたら、「小国だから!」と、
ちょっと古臭い表現ですが、「郷土愛」みたいなものを感じました。

環境は違えど、ココ(自分の住んでいるところ)を活かして何かを表現したいという
想いは一緒。
自分には何ができるのなかな~と、友人たちが頑張っている姿を
見て考えた夜でした・・・。










農家学的ではなく、脳科学的。



ソロモン、ガイヤの夜明け、カンブリアの宮殿、そしてプロフェッショナル。
この偏った番組編成。
実は慶子母を筆頭に、父、私とよく3人でみる番組です。

本日はNHKのプロフェッショナル。
脳科学者の茂木さんが脳科学の見地から、これまでの出演した100人の
プロフェッショナルの脳を分析する・・・と言うダイジェスト版みたいな
内容でした。

その中で、「どうやってプロフェッショナルたちはひらめくのか?」と言う
興味深い内容が。

いろんなプロフェッショナルたちのひらめく場所は・・・

国際会議帰りの飛行機の中。
タクシーでの移動中。
お風呂の中。
トイレ・・・。

と。場所は異なるのですが、実はここには共通しているものが・・・
そう、情報から遮断された場所であること。

脳科学的に、洪水のごとく情報が入れ変わり立ち替わり入ってくる場所では、
脳はその処理に追われっぱなし。
逆に情報が遮断されたような場所では、脳が内側から考えようとするので
その時に「ひらめき★!」が突如でてくるとのこと・・・。

ふっ・ふっ・ふっ。
そう!さこんうえは完全に情報から遮断されているので、
まさにひらめくべくしてひらめく場所では!?(単なる田舎ではないのです!)

確かにお客さんの中にも何かひらめいたのか、我が家にいる間、ひたすらものを
書いたりしている方も・・・

脳科学的にみて、何もない我が家は実は何かあるのかも・・・。
しかしここには問題が。
さこんうえは私にとって、仕事の洪水でひらめく暇がないので~す(-_-;)
私ももうひとつのさこんうえが欲しい。







かれこれ何年のお付き合いでしょうか・・・





「九州のムラ」
今は名前が変わって、「九州のムラへ行こう」です(動詞が加わると動きがでるなあ。)

知る人ぞ知る雑誌だけに、手にとられた方は少ないかもしれませんが、
ここ最近リニューアルされて、いろんな書店でも取り扱っているかと。

まださこんうえのここんま(真ん中に建つ、蛙色の屋根)が、東屋風のテント
張りだった時、取材していただきました。

当時母もかろうじて50代。
しっかりものの長女は小国にて、行政の仕事をしていた頃。
私はと言うと、イケイケOL時代。小国に帰るなんて夢にも思っていなかった頃。

そんな時から、我が家がお世話になっている九州のムラさん。

特にここ数年、グリーンツーリズム、食など田舎が注目されるようになり、
バラバラになっていたパズル(情報)が、形になっていくような・・・
そんな大きな役割を担っている、九州のムラさん(と勝手に思ってます)

個人的には、写真が好きです。
ばあちゃんの笑顔や、じいちゃんの労働する姿。
茶色一色の田舎の食べ物が、これまた鮮度がいきいきして美味しそうに見える
(実際美味しいでしょうが・・・)

実はしれっと20代の頃、写真教室に通っていた私。
イマイチ腕はあがりませんでしたが、それでも身近なものをとらえる感性は
勉強になりました。

プロみたいにはいかなくても、九州のムラさんのような、あったかい写真が
撮れたらいいなあ・・・と、相変わらずムサシをモデルに撮る日々です。
動くな!ムサシ。



今月号は、さこんうえが載っています。
残念ながら私はいませーん(実は撮られるのは苦手)
結構いろんな田舎情報が載っていておもしろいんですよ!





葛藤。



何気なく宿でうろうろしていたら・・・
こんなところにキノコが!

蔵の部屋の前の枯れたもみじの木。
以前もブログでご紹介した、竜に似たもみじ(もうその姿はありませんが)
その根元にびっしりとキノコがはえているではありませんか!

植物辞典を持ち出し、食用なのか調らべてみる。

・・・。  

全然わからな~い。

そこで近所の山に詳しいおばちゃんとおじちゃんに尋ねてみると・・・。

「おばちゃん、これ食べられるかね?」
「んーどげんかね。石突きが縦に割けるならいい(食べられる)
って言うばってんが・・・。みたことねえなあ。」

「おじちゃん、これ食べられるかね?」
「んーもみじにはえてたらいいじゃろうばってん。
足が縦に割れるならいいち言うばってんが。みたことねえなあ。」

確かに石突は縦にさっと割ける。
でも・・・。だれひとりみたことがないと言うし・・・。
こんなにキノコたちが、強くアピールしているのに。

よし!ムサシに実験だ!
犬だったら、きっと鼻がきくだろう・・・と一房与えてみたところ、

ぱくり!

おっ!食べた!

吐き出した!

また食べた! 

吐き出した!

結局、どっちだかわからずじまい。
もしかしたら美味しいキノコなのかも。
思いは断ち切れぬまま、時間とともにキノコはだんだんしぼんでいく。
だれか教えてほしいよー。








うちは安心ですよ。

もう数日もすると我が家も稲刈りです。
金色の稲穂が、秋空の下きらきらと輝いています。

世間ではいろいろな事件があり、「安心」という言葉が
なかなか信用できない悲しい時代。

でも我が家のお米は安心。
この半年、家族で大切に育てあげました。
作り手の顔が見え、食べていただける方の顔が見える。
ほんものの安心です。


春。もみだねを近くの温泉に浸し、発芽させます。
これが一番難しい作業。ここで失敗すると苗が育ちません。


発芽した種を今度は苗になるまで育てます。

なんとか田植ができるサイズに育ちました。


ここからは、ちびっこたちの出番。
じいちゃんと近所のおじちゃんと一緒に田植えです。

これからどんな風に育つかな。

ずいぶん背丈が大きくなりました。
夫婦そろっての真夏の草取りは、骨が折れるものでした(またもや私はしてませんが・・・)

秋。稲穂がたわわに実り、頭をたれます。
ここから稲刈りをして、脱穀をし、我が家に新米がお目見えです。

次はどんなサプライズにしようか・・・。




久しぶりの週末の秋晴れ。
今日はどこでも稲刈りで大忙しでしょうか。
(うちはいつなんだろう・・・?)

昨夜はリピーターさんのnaganoさんファミリーがお泊りでした。
昨日は奥さまの誕生日&結婚記念日。
ご主人さまより奥様へ、さこんうえのアロマトリートメントのプレゼントが。

庭でとれたハーブの足湯や、屋根裏部屋でのトリートメント。
その他ちょっとしたサプライズ★
喜んでいただけたでしょうか・・・。

トリートメントの後は、もう一方のお部屋に友人がお泊りだったので、
ちょっと遊びに・・・が・・・二人とも半分できあがったていたのか寝てました(-_-;)
しつこい私は二人を起こして、そこから久々の再会を祝して、
お互いやせただの、太っただのでひとしきり体型ネタで盛り上がる。

気がつけば夜中の2時。
久々の友人との時間は、眠気もふっとぶ。




翌朝は散歩がてら元気に野風(やふう)ムラのパンやさんへ。
村の中でもまた気が違う場所。
秋空の下で紅茶をごちそうになり、やや強めの日差しと、ひんやりした空気
の中でのアフタヌーンティー。
話題はもっぱら私の行動が母に似てきたこと(動きが同じらしい(ガーン))

友人が「あー明日から仕事だ~」と、
現実世界を思い出したかのようにぽつりとつぶやく・・・。
でもこんな風にオンオフをうまく使えるからこそ、毎日充実した時間が
過ごせるんでしょうね。

今日は私もオフタイム。
さー何をしよう~と考えていたら、昨夜の睡魔が・・・
気がつけば昼ごはんも忘れ、寝ていました。







そうそう、忘れてました。

今日は私の〇×3回目の誕生日です。
なんだかバタバタして、そんなことも忘れてました。

それでもお誕生日を覚えてくださった方から、
メールやカードなどをいただき、ありがたいです(;_;)/~~~

ちなみに今日は豪華にケーキで・・・とはいかず・・・
イカげその煮付けでしたが・・・。
でも美味しかった。

日課のブログをアップしようと思ったら、な・なんと母からコメントが・・・。
えっ?だれかのいたずら?
だって母はパソコン触れませんもーん。
でも読んでみると、いたずらではなさそう・・・。と言うか、母の言葉でしょう。
どういうこと???

海外にいたときは、よく手紙をやりとりしていたもんですが、さすがに日本
にいると、そんな風にはいきません。
それだけに、予想外のことで、うれしいやら照れるやら。
母心に感謝であります。



父からのプレゼント。
雨の日も機敏に宿の仕事ができるよう、ぬぎはきに便利な長靴ならず、短靴?
蛙色が素敵です。


追伸:母の手紙は、姉壱が代筆?と判明。
    姉壱さま、ありがとう~。

****************************************************

昨日から、お友達のdekoさんと、そのお姉さんと、職場の同僚?のカトリーナ
が宿にお泊りでした。
decoさんとは福岡時代に飲んだり、食べたり、遊んだり、働いたり
いろいろと一緒にさせていただきましたが、実はdecoさんと知り合ったきっかけは
写真右のお姉さんなのです。

お姉さんはカラーリストで、私が短大生の時にアルバイトをしていた美容室の方です。
つまりかれこれ15年くらいのおつきあい。
そして現在NY5番街のセレブご用達の美容室で働いています(R・sakamotoさんも
来ているらしい!)
実はお姉さんは、私の周りで夢を現実のものにした方のお一人なのです!

普通日本の美容室では、一人のお客さんに対して、同じスタイリストさんがカラーも
カットもパーマもブローもすべて担当するのが一般的ですよね(アシスタントはつきますが)
お姉さんも、日本の美容室でずーーーーーーーーーーーっとこの一連のお仕事を
されてきました。
仕事熱心なお姉さんはもちろん腕もぴか一★
とにかく丁寧!

昔お客さんとしてよく美容室に行っていた時、いつも二人で海外の話をしていたことを
覚えています。
お姉さんはよく「NYに行きたいとよね~」って。
そう、NYはヘアカラーの最先端の街。
カラーをもっと極めたいと思っていたお姉さんは、ずっと夢を描いていたのです。
もちろんNYへのコネなし。
そんな話を会うたび(たぶん数年くらい)していたのですが、とある日、
突然それが現実のものになったのです。

お姉さんの日々の丁寧な仕事ぶりと、思いの強さが、周りを動かしたようです。

NY2年目。
今では、カラーリストのアシスタントとして楽しく働いているようです。
見たところ、水があっているような・・・。

今回はカラーリストのカトリーナのアシスタントとして来日。
カラーオンリーで3、4万円はかかるというカトリーナ(@_@;)
(ちなみにフルコースを頼むと、その美容室は10万近くかかるらしい)

NYの美容室

そんなすご腕にも関わらず、とっても気さくで、チャーミングなカトリーナ。
昨夜は4人で楽しく過ごせました♪ 
もちろんリクエストのアロマもいたしました(途中カトリーナは眠ってしまい
なかなか起きてくれず大変でしたが(-_-;))
元気なお二人ですが、ちょっぴり旅の疲れをいやさせたかな?

来年も里帰りしてくれることを期待しつつ、たくさんの刺激をもらいました!



昨夜写真を撮りそこなって、急きょ朝いちでパチリ★
みなすっぴん。


仕事前なので、私だけばっちりぬけがけメーク。
なのに、カトリーナはさすがすっぴんでもほりが深い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。