FC2ブログ

今日のさこんうえは、インターナショナル!


今回は8名の方が海外からお見えです。
私も布を巻いたら、どこかの国の人にみえそうー。
(よく間違われるんです!)


特別にお昼をご準備いたしました(通常我が家はランチはやっていないのです)
結構、準備が大変でしたが、「美味しい!」と言っていただき、ほっ・・・


父母のお話。
お役にたったかな?


今日は、国際協力機構(JICA)さまが、視察のために、
海外の女性起業家育成の担当者の方々と、遙々
山奥のさこんうえまでお見えになりました。

みなさん、ほんと~に、遠いところからお見えなんです。

アフガニスタン・バングラディシュ・カンボジア・キルギス共和国・マリ
ソロモン・ウズベキスタン。

・・・・。
ちゃんと地図で調べました!

とてもフレンドリーなのですが、みなさん、すごい役職の方ばかり!

女性省大臣官房課長代理、女性子供家族振興省、女性省経済活性課長・・・

そう、政府関係の方やNGO職員の方です!

そもそも、なぜ、なぜなぜ、こんな山奥の我が家を訪ねられたか・・・と言うと。

今日お見えになられた指導者の方は、自国において、女性起業の支援・育成が
お仕事です。1ヶ月に渡りJICAにて、「地域おこしのアプローチ」「地場産業や
農林水産業と関連した女性グループの経済活動」「女性の起業」などについて、
学び、それを持ち帰り、自国で役立てます。

この研修は、机上だけでなく、東京近郊と地方での視察も取り入れられており、
そのひとつとして、グリーンツーリズムを推進している、この小国町を訪れる
こととなったしだいです。
ちなみに父母は、九州ツーリズム大学の1期生でもあり、
今もお世話になっております。

ツー大を卒業し、さこんうえを始めて、今年11年目。
これまで、さまざまな問題や課題がありました。
そのおかげで、超小規模な我が家でも、11年のうちにいろんな
知恵がストックできたことで、何かしら、周りの方にも役立つ情報が
あるのかもしれません。

国内外関係なく、これまでネックになっていた、「どんなに良いアイディア」でも、
初期投資がかかることは、なかなか実際にやる側にとっては、受け入れることが
難しいかと思います。
その点、温泉ない・大きな神社仏閣もない、ない、ないずくしだった我が家でも、
今日までやってこれたことが、恐らく、今回選んでいただけた理由のひとつにあるのでは?
と勝手に思っています。

うちはごくごく、普通の兼業農家です。
宿を始める前までは、父は役場勤め。
傍ら、家族で花卉栽培。
そして、お金がかかる、娘が三人。

父が早期定年をし、今のような形になるまでには、
コツコツできることをやってきたように思えます。

蔵を改築することで、建物にあまりお金をかけず、
うちで作っていた野菜を、母が料理し、
お風呂も温泉がないので、五衛門風呂にして、
とにかくあるもので、最初はスタートしました。
それから少しずつ、口コミで広まり、お客さんが増えたことで、
石釜を作り、ビニールの東屋が、ボロボロになったので、
建物を建て替え・・・
ひとつひとつ、形にしていきました。

箱ものを最初から大きくつくると、自分の知恵が追いつかないと
いいますか、財布が追いつかない?ので、
無理しない範囲でやってきたように思えます。

こういった形であれば、海外でも十分実現可能なように気がします。
きっと日本では想像できないような、お国事情があるかと思います。
自国の農家さんたちが、少しでもゆとりができて、未来を描ける人生を
送ることができたら・・・とそう願ってやまないです。

















スポンサーサイト

ひゃーびっくりしました。

いつも私のウェブトップページは、「Yahoo」ですが、
今日のトピックの項目に「おかあさん100選」のことが・・・

実は、この度、農林水産省と国土交通省主催の、
「農林漁家民宿おかあさん100選」、最初の20名に、
「さこんうえの蛙」が選ばれました!!!

ちょっと前に、結果は知ってはいたのですが、日頃見るウェブに
掲載されると、やはりびっくり。

うちのような小規模で、これと言ってもの珍しいものがあるわけでもない、
農家の宿が選ばれたことは、奇跡としか思えません。
これもたくさんの方々の支えあってと、家族一同感謝しております。
改めて、お礼を申し上げたいです。
ありがとうございます。

宿は今年11年目を迎えます。
11年前とあまり変わらないスタイルで、大きくすることもなく、
コツコツとやってきました。

娘として、この「親のコツコツ」の姿勢は、見習うところです。
まさか、実家に帰るとは・・・数年前まで、真剣に考えることもなかった
のですが、何歳になっても、親が夢を持ち、生き生きと仕事をしている
姿をみると、心うつものがあるのでしょうか・・・

と言っても、欲張りの私は、まだまだ他にもやりたいことがありますし、
パワフル母ちゃんも、現役バリバリなので、けんかしないように、
うまいこと分担しながら、二人でやっています。
それも父のサポートあってのことです。

これからも、変わることなく、でも常に新しいものを見聞きし、刺激を受け、
訪れる方が「ほっとする場」を守り、創り続けたいものです。

明日は、外国からのお客さまです。
母は夜なべして、料理の支度中。
いつもと変わらない、母であります。








そんなパワーがあるとは、知らず。

昨日は、マクロで有名な「リマクッキング」の校長でいらっしゃる、
松本先生のお話を聞き行きました。

私と一回りも違う、お友達Mちゃんがお手伝いする、
マクロの料理教室にて開催されました。

実は私はマクロについての知識がほとんどないんです。
もちろん食べ物には、陰陽があり、中性のものを進んで摂ると
身体に良い・・・くらいは知っていますが、あとはさっぱり。

そんなこともあり、参加したしだいです。

松本先生のお会いするのは、初めてですが、とても温厚そうな
お人柄で、これも食に関係するのかしら?と一人まじまじと
眺めておりました。

興味深い話しがいくつもありました。その中でも・・・
へえ~と思ったのが・・・

民主党のOさんのお話。
昨年、Oさんが体調不良の時期がありましたよね?
実はその時に秘書の方から、「食箋」をお願いされ、
先生が「玄米のスープ」を作られたとのこと。
そのスープを召し上がられた数日後、Oさんは仕事復帰!
(Oさんは玄米のおかげとは、思っていないそうですが・・・)

恐るべし、玄米パワー!!

ちなみに同じ民主党のHさんの奥様も、玄米。

女性は関心があるのに、まだまだ男性は・・・と。
先生も嘆いておられました。

他にも、「新型ウィルスも怖くない!梅エキス・梅干しパワー」など。
おーっ、すごいじゃないか!

早速、帰って、母に自慢げに、レクチャーを・・・
と思ったら、既に知っていました。

知らないのは、私だけ(-.-)

梅干しをひとつまみし、尊敬の念を込めて、パクリといただきました。
















こんなところにも習慣。

ここ数日、下界(=熊本市内)へ下りていました。
さこんうえ以外にも仕事を持つ私は、時々街まで下りていきます。

折角山を下りたので、昨夜は久しぶり、お友達のお姉さんとご飯を
食べてきました。お姉さんと言うのも、元々は姉(長女)の小学校の
時の同級生で、妙に気が合うこともあってか、
最近は姉より私の方がよく会っています。

「仁川」と言う名前の韓国料理のお店で、ビール抜きのディナー(-.-)
普段野菜中心であっさり系の多い私にとって、二日間の仕事の合間で
いただいた中華ランチで、既にお腹が飽和状態・・・

大丈夫かな?と思いつつ、チヂミを一口。

美味しい!!
チヂミが美味しい!と思ったのは初めて。
(まずいチヂミにも出会ったことはないけど・・・)

チヂミをいただきながら(注)チヂミだけじゃないですよ~)
お姉さんのKさんと、マイレージの話しや、フリマの話しで盛り上がる♪

Kさんは超超まめ!

マイレージポイントで、毎年のように海外へ旅行。
そのポイント貯金の日々の習慣は見習いたい。
ちょっとした買い物から、車の車検まで・・・
ポイントキャンペーン情報ももりだくさん。

「えっ!そんなところでもポイントが貯まるんですか!!」

私は手は不器用だけど、こう言う、まめさは好きなのです。
Kさんの足下にもおよびませんが、目指せ、ポイント生活!
行くぞ、海外へ!











似合ってるでしょー(^^)




私は帽子と靴が大好き。
でも悲しいことに、最近はもの入りなので、なかなか身につけるものに
まで手が回りません。それが久しぶり素敵な帽子が私の元に・・・
実は従姉妹の手作り帽子!!

昨日二人でお茶がてらドライブに。
従姉妹はいつも、かわいい、お手製の帽子を被っているので、
私はいつもほめまくる(実際本当に器用なのです)。

「それかわいいね~。Mちゃん、やっぱり器用だね!!」と・・・。
「・・・。みかちゃんにあげるよ!」

「うほっ。ほんと!?」
既に帰る時には、私の頭に・・・似合うじゃん。
従姉妹にはお礼として、私のお気に入りの化粧品をプレゼントします。
従姉妹も喜んでおりました。

物:物交換。
女性同士って、こんな時いいわ~。



そろそろ考えねば・・・

今度の5月を迎えると、私が小国に帰ってきてから、
まる2年が経つことになります。

それまでは福岡、天神のど真ん中。
大名と言う、若者が憧れる街で一人暮らをしていました。
週末は度々家の手伝いのため帰省していましたが、
考えたら、ものすごく両極端な生活。
でも当の本人には違和感もなく、ちょうどバランスがとれていたようです・・・

帰省した頃は、数日間家にいると・・・調子が狂って、よく両親にあたりちらしておりました。
かと言って都会に出ると、家の広報担当として、はりきって活動したり。
天秤座だけに、どうもバランスが必要みたい。

今頃どうしてこんな話しをしているかと言うと、
ホームページをちょっとリニューアルしようかな?と考え、
ただ今色々資料を集めている最中。
出てくるわ~宿関連の記事や雑誌が・・・

私が都会で、勝手気ままに過ごしていた時期、
我が家はたくさんの新聞や雑誌に掲載されていたようです。
・・・ようです。と言う表現からして、いかにうちのことを知らなかったのか。
ちょっぴり反省・・・

それににしても、60代にさしかかった歳から、よくぞ新しいことに取り組んだな~と。
どこからこの情熱はくるのか!?
そんな情熱的な蛙家の父も来年古希。びっくり!
見た目が若いので、子供もその歳を忘れがち。

でも、寒いこの時期、冷たい水で野菜を洗う蛙家の父の姿。
万年肩こりで、こたつでコテッと転がる母。

さすがに娘として、「どぎゃんかせんといかんなあ・・・」とちょっと考えるのです。
って、まー婿をもらえばいいはなしなんだけど。できれば若い方が・・・ははっ。

現在、方々にて仲人部隊が活躍中(笑)






















イメージとはうらはら。


レモンジャムづくり

ロハス、スローライフ・・・なんだか、ゆったりした時間の
流れに身をおくような・・・そんなイメージがある、田舎暮らし。

別荘暮らしであれば、きっとそんな生活かもしれないが、
リアルな田舎暮らしは・・・まったく逆。
どうして、こーも、田舎には仕事があるのかしら?

と常々、蛙家の母を見ていて思います。

本日はレモンのジャムづくり。
私がレモンをしぼり、母がレモンの皮を一つ一つむく。
レモンの絞り汁は、あらゆる料理の隠し味(って言ったら隠し味じゃないか)に。
皮や果肉はジャムへ。
ジャム作りは、おくどさんで3度ほど煮て、あくをとる。
それをミキサーにかけて、砂糖を入れてまた煮詰める・・・
結構労力がいるのです(‥;)

それにしても、うちは何から何まで手作りをします。
ないのは、塩、砂糖、醤油、などの調味料くらい(もちろん肉魚もないです)
うちは万が一災害が起きても、食べるのにはそう困らないかも。
おくどさんと山水のおかげで、ライフライン(ガス・水道)もばっちり。
残るは自家発電による電気のみ(取り付けるのが私の夢)

昔ながらの生活で、日々忙しくも、いざっと言うときには役に立つ知恵ばかり。
たまに手伝うだけなのに、知らない間に、なんとなく覚えていく。
やっぱりDNAにしっかり「田舎もんの印」が刻まれているようです。









今日はちょっとお勉強




珍しく、蛙家の父母私と一緒にでかけてきました。
行き先は、熊本市内で開催される、九州農政局主催のシンポジウムへ。

「農山漁村男女共同参加推進シンポジウム」・・・となんだか
おかたいタイトルですが、よーは、農山漁村において、女性は不可欠な存在にも
関わらず、未だ実権が与えられず、埋もれている・・・
農山漁村の女性の地位を向上しましょうー!
女性の力で、もっとアグリビジネスを発展させましょうー!

こんな感じです。
会場には九州各県から集まり、総勢250名ちかくの方が参加。

私はいまいちどんな話しがあるか、分からない状態での参加でしたが、
勉強になるだろうーとのことでついてきました。

3部構成のプログラムになっており、大学の先生のお話から始まり、
最後はパネラー4人の方々の実体験に基づく、ディスカッションでした。

赤牛を飼い、そのお肉をお出しする農家レストランの奥様のお話。

集落営農の組織化にして、稲作、大豆を栽培。女性のアイディアからゴボウの
栽培を始め、さまざまな加工食を生み出した、村の話し。

農業を始めたくて、九州農政局を辞めて、農家へ嫁いだ方のお話など・・・
ちなみにこの方は、よく宿にお泊まりにいただいていたようです。
最近来ないな・・・と思ったら、結婚していた!

パネラーの方のお話も参考になりましたが、会場からの熱い質問の
方が私にとっては印象に残りました。

企業にいたら、もう定年の年くらいの女性の方々が、熱い!
質問も具体的で、日々いろんな活動をされているんだな~と
言うことが伝わってくる。

おかあちゃんパワーはすごい!

私たち世代は、また違った視点や活動が必要ですが、
そのバイタリティは母世代から学ぶところです。


















つながってますねー。

今年に入ってから、寒い中、何人ものお友達が泊まりにきてくださっています。

つくづく、縁って不思議だな~と。

お正月明けて、最初にお泊まりいただいたNさんご夫妻。

5年ほど前に、奥様とお会いしましたが、ここ数年お互いの生活環境も変わり、
連絡を取り合っていませんでした。
それが共通のお友達を通じて、またお付き合いが復活!
それも今度は家族ぐるみで。

ご主人は事業家でいくつものお仕事をされており、とても見聞の広い方で、
蛙家の父も感心するほど!
現在下関で奥様と一緒にレストランをされています。

レストラン名 「ウェルネス カフェ・ランチ ほっとひと息」 
下関市椋野町 080-3886-5213

奥様は管理栄養士さんだけあって、健康面をきちんと考えた、
素晴らしいお料理を創られます。

我が家のお野菜を食べていただいた時、それは感動の賞賛をいただきました!
父も母もすっかりご機嫌。
何よりも、Nさんご夫妻の食に対する考え方が、蛙家と同じで、すっかり意気投合。
そして、ありがたいことに、我が家の野菜たちが、Nさんご夫妻のレストランに
お嫁にいくことに・・・

元々我が家の野菜は、有機・無化学肥料栽培のため、安定供給が難しいのです。
季節によっては、葉っぱが虫に食べられ、全滅することも。
そう言ったこともあり、今まで周りの方にお譲りすることができませんでした。

しかし、Nさんご夫妻は、我が家の畑に合わせて、対応してをしてくださるとのことで、
時々ですが、これから野菜たちがお嫁にいけるようになりました。
ほんとにありがたいお心遣いです。

何より、作り手の気持ちを分かってくださる、そのお人柄に、感謝でいっぱいです。
我が家の野菜が、また別の場所で、たくさんの方たちに喜んでいただけるとは、
また楽しみが増えました。

Nさんご夫妻だけではなく、我が家は、たくさんのリピーターさんやお友達に
支えられています。
時々ブログにも出会いや想い出など、アップしていこうかと思っています・・・

次はだれでしょうかね・・・






新年、明けましておめでとうございます!



2008年もスタート。みなさま、お正月はいかがでしたか?
なんと私は三が日、巫女さんのお手伝いで、地元の神社で働いてきました!
(毎年さこんうえは三が日はお休みを頂戴しています)

急遽決まったことで、年齢制限大丈夫かな・・・と心配しつつ、
しっかり若いふりをして、笑顔で勤めを果たしてきました。
実は高校生の時もお手伝いをしたので、初めてのことではありませんでしたが、
あの時よりは、少しは気がきくようなっていたかな?

お神籤も、「大吉」!予想通りです(本当にそう思ってました)
ちなみに昨年は「末吉」
運は自分で掴むものですが、それでも、的中すると嬉しいもんです。

今年は、「習慣にする」が私のテーマ。
お正月・おまけに雪。目標のひとつ、「早起き」も早くも挫折しそうでしたが、
三が日の仕事のおかげで、必然的に実行できる環境になり、良かったです。

今年も一年どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m


おまけ。頭の印は「福」です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。