FC2ブログ

村おこし、まちおこし

今日は母と一緒にとなり村の「田舎塾 幻灯会」に参加してきました。
以前よりお世話になっている建築家さんの案内で、これが2回目です。
これまで数々のまちづくりを手がけてこられた、大学教授の方による
子供から大人まで楽しめ、そして村おこしの大切さを感じとれる・・・
そんな会でした。

紙芝居のような、そんな雰囲気の中でイギリスの童話を関西弁で
軽快に語るそのお人柄から、とても愛情深く、またこの村をなんとか良くしたい・・・
そんな想いが伝わってきました。

私のように生まれも育ちも田舎の場合、知らず知らず自分のルーツに
何かしら愛着と言うか、執着と言うか・・・よくわかない感覚が芽生えます。
この感覚がきっと、村おこしなどにつながるのかもしれません。

今日参加されていた小さいお子さんを持つお母さんがこんな事を言ってました。

『子供が都会に行ったとしても、この村が原点なんだよ、と子供に伝えたい。』
すばらしいお母さんです。
また『どのようにしてそれを子供に伝えたらいいのか・・・』とも。

うちの母にもマイクが回ってきたので、母も一言おしゃべりさせていただきました。

『広い範囲ではなく、家族と言うことを最初に考えてみてはどうでしょうか?
子供(家族)のために美味しい料理を真心込めてつくったり、自由に自然の中で
遊ばせたり、そうやっているうちに記憶の中に田舎は刻まれるのでは・・・と。』

ほっほっ~母ちゃんやるねっ。と隣りで感心して聞いておりました。

地元愛というのは、周りからあーだ、こーだと言われたから育つと言うわけでもなく、
原点は家族にあると私も思います。
私も10代~20代、海外一直線で地元愛なんてほとんど感心がなかったのです。
しかし色んな経験をすることで、人への感謝、家族への感謝など感じ、
気持ちが自然と地元へとつながっていき、(記憶が目覚めたのでしょうか)
気が付いたらここにいた・・・みたいな(笑)

現代社会は私の小さい頃とは違って、状況が多様化しています。
一見簡単なようなことも、今は難しくなってきているのかもしれません。
それでやはり原点は家族では・・・と、改めて感じた日でした。
三十路になってやっと気づいた私です。













スポンサーサイト

冬はやっぱり・・・


















写真左:ロールキャベツ

こちは自家栽培のキャベツを使った具だくさんのロールキャベツ。
我が家のキャベツは、甘くて柔らかく、母曰く「入れ歯の人も食べられる」
そんなロールキャベツ。
もちろん入れ歯のとよ婆ちゃんもしっかりおかわりしてました。
キャベツの他にも、白菜やかぶ、人参などを鍋いっぱいに敷き詰め、
出汁もその野菜からじわじわと出てくるので、ブイヨンなどは使いません。
ほんのりお醤油味がまた食欲をそそります。

写真右:たかきびぜんざい

「たかきび」とはきびの一種で、こちらも自家栽培。
粉にすると小豆のような色合いで、さこんうえではコロッケやハンバークなど
もちもち感を出したい料理の時にたくさん使います。
七輪で作るぜんざいもまた寒い小国の冬にはぴったり★



小麦粉の原点




写真はムギ畑の、土踏み。

いかに我が家が自然環境に恵まれている場所か、すぐに分かってしまう一枚です。
宿にお泊まりいただいたお客さんはご存じかと思いますが、
さこんうえでは小麦を自家栽培しています。
この小麦粉がピザ生地となったり、天ぷらの衣となったり、時には我が家の
食卓でお好み焼きにと・・・あらゆる場面で活躍しています。

今日は父がムギの土踏みをトラクターらしきもの(名前が分かりません・・・)
で、どっどっどっ・・・
これは、霜が降りると土が盛り上がり土が乾燥するため、人の手(足)で土を押さえて
乾燥を防ぐ作業です。
乾燥してしまうと小麦の根本が弱く、切れてしまったり・・・と。
この土踏み、昔の人は足でこつこつやっていたそうです。
筋肉痛になりそうですね!
ちょっとトラクターに乗ってみたかった私ですが、多分小麦をだめにしてしまいそう
なので、後ろで見学に専念。

6月には収穫です。


***お知らせです。*****

さこうえのお米が数量限定で販売できることになりました。
価格等は後日改めてお知らせいたします。
もちろん無農薬米で、父母が丹誠込めて作った、美味しいお米です★★








冬のたくわん

さこんうえレシピ

  「たくわん」  
  【材料】
  だいこん(自家製)
  うこん
  熟した柿
  三温糖
  塩


一度に漬けるのは20本くらいまで。それ以上漬けると味が落ちます。
熟した柿は自然な甘みを出し、ほのかな色づけとしても。
まだ昨日漬けたばかりなので、口に入るのは数日後かと・・・
我が家の漬け物は、ポリポリと歯ごたえがあり、ご飯がついついすすみます★


今日はある女性経営者の本に感化されて、ウォーキングがてら
ハナの散歩に行ってきました。
ちなみにハナは庭に紐が張り巡らされていて、ある程度自由に走り回れるようになって
いるので、あんまり散歩はしていないのです・・・

20分以上歩き続けると、脳からドーパミンやベーターエンドルフィンと言った
脳内ホルモンが分泌され、人間は爽快で未来に楽天的な気分になるようにできている
とのこと。そして思考の切り替えや、アイディアがふっと浮かんだりと・・・
良いことずくめ。

ならばいっちょ歩いてみるかと・・・
ハナが頻繁に寄り道はしたものの、身体も温まり、頭もすっきり★
ハナはお年寄りなので足がガクガクしていましたが、私はぽかぽか。
あとは継続力のみ!

写真左:散歩途中の椎茸の灌木(小国では「なば=(椎茸)木」と読んだりも。
我が家のお鍋で使う椎茸は、こちらを栽培されているご近所さんから譲っていただいた
もの。かなり厚みがあり、そのまま焼いても美味しい。

写真右:写真の通り、道草の多いハナ。

また食べてる

今日はお友達のお店に遊びに行って来ました。
岳の湯と言う、温泉で有名な場所に位置する、お菓子処「たんぽぽ」さんです。

ご主人は私の同級生で、奥さまも高校の先輩。
ついついふらっとでかけては、長い時間カウンターで話し込んでしまう、
なんともくつろげる空間なのです。

そしてなんと言ってもオススメは、奥さまが作られる数々のお菓子!
ここのケーキやクッキーなどは、小国ジャージー牛乳が
ふんだんに使われていて、それはそれはクリーミーでまろやかな味です。
そしてどれも大きくてビックリ!
奥さまはダイナミックなのが好きだそうです。
もちろん人柄もダイナミック!

たんぽぽさんのお隣は奥さまのご両親が営んでいる温泉があり、
奥さまのお母さまやスタッフの方々も、すっごい肌がきれいなんですよ!!
女性のみなさま、必見です。












左:オススメのクッキー。この大きさでこのお値段、いいのでしょうか・・・
右:お菓子を作られている奥さま。お仕事中パチリ。
  実はある有名店のアップルパイも奥さまが最初にレシピを考えたのです。

プリンやクッキーはインターネットや電話でも注文ができるとのこと。
一度お店でお菓子を口にされたお客さまからの注文が多いそうです。
リピーターが多いのも、納得。ぜひ一度味わってみてください!

たんぽぽさんのアドレスです★

http://www.okasi-tanpopo.com/index.html









いつも食べてばっかりですみません(^^ゞ
ちなみに私が食べているのは「やわらかぷりん」。
インターネット販売用は、牛乳瓶のような容器に入ってるんですよ~。








昔話

ちょっと留守にしてました。
と言うのも、お仕事と甥っ子の発表会のために
福岡へ行っていたのです。

甥っ子は保育園に通っており、初めての発表会でした。
園児だけで約200人。
保護者を入れたら相当な人数のため、会場は町の
施設を借りて行われました。
ざっと見る限り1000人近くの人たちが、我が子(孫)の晴れ舞台を観に
ビデオ片手に陣取りしてました。
大人でもこれだけの人を目の前にしたら緊張するのに、
子供達はどーなんだろう???とちょっぴり心配していましたが、
甥っ子を含め、子供達は堂々としたものでした!

ちなみに甥っ子は赤ずきんチャンのオオカミ役。
しかしこの赤ずきん。園児が多いためか、赤ずきん6人、オオカミ10人・・・
おばあちゃんが・・・・
と、とにかく同じ衣装の子供たちがたくさん出てくるのです。

そー言えば、私も小さい頃色んな役を演じてました。
私はちびっこ歴が長いため、自然と役柄もそれに合ったものが
多かったような気がします。

白雪姫の小人(そのまんまで演じられる)。
三匹の子豚の末っ子(これもそのまんまでOK)

あまり役作りが必要ではない、はまり役だったかと。

甥っ子の保育園は園児が多かったので、ひとつの役を何人もの子供達が
演じたのですが、小学校などでは公平にと言うことで、桃から桃太郎が
何十人も現れる・・なんて話を聞いたことがあります。
まー確かに桃太郎はかっこいいですもんね。
でも結構草や木や小人などの役も今となっては、味があっていいんですけどね。

・・・なんて言いながら密かに白雪姫やかぐや姫になりたかった私。
保母さんや学校の先生は、配役大変ですよね。














    

プロフェッショナル★

みなさん、NHKのプロフェッショナルをご存じですか?
今日は父母と一緒にはまってこの番組を観ました。
今回のプロフェッショナルは、「会社再生のプロフェッショナル
の弁護士」の物語でした。

いや~なんか気合い入りました!
一番気合いが入っていたのは、母ですがっ!
好きなんですよ・・・
我が家はおしんみたいなど根性ではい上がっていくような話とか、
信念を貫くその心意気みたいな物語が・・・
(さすがパシスター一家:注)パシスターとは自分の意見や価値基準を大事にする
性格で、よく言えば、こだわり屋、悪く言えば、頑固・・・詳しくはPCMを
検索してくださいね。)

この番組で取り上げられる方は、みなさんミッションで仕事をしていますよね。

さこんうえも今年10年目を迎えます。
小さいながらも、よく10年やってこられたな~と思います。
まだグリーンツーリズムが始まったばかり。温泉のない山里で
しかも野菜料理だけで果たしてやっていけるのか?
そんな中、両親はこの宿を始めました。
当の私は10年前と言えば、世間知らずののんびりOLでした。
会社に勤めることも忍耐のいる大変な仕事ですが、
両親の様に全く異なる分野で一から作り上げていく作業は
それとは比べものにもならない、苦労や喜びがあっただろうな~と。
どんなミッションを持って取り組んだのでしょうか。

私の周りには自営の方が多く、ほとんどの方が今岐路に立っています。
何かを興せば、必ず色んな問題はつきものです。
そんな時、原点=ミッションに戻ることが一番の解決策に
なるのかもしれません・・・

私もこれからたくさんのチャレンジと失敗と言う経験を積んでいき、
何度も原点に立ち返るんでしょうね・・・
それにしても、今日のプロフェッショナルも最高だった!










山仕事









昨日は久々の雪。
そんな中姉一家も千葉に帰り、山猿たちの洗濯物だけが賑やかに
のれんの様に窓際に並べられています。
じいちゃん、とよばあちゃんは少々寂しそうですが、ばあちゃんは
かなりのびのびしています・・・

今日は朝から山仕事。
知り合いのお坊さんから檜を頼まれていたので、
近所の道路工事でできた不要な木をもらいに、早速雪の中山林に出かけてきました
(もちろんちゃんと許可を取ってですよ)
お坊さんや父たちとクレーン車で檜や杉の木を運び、
トラックの荷台や山の中を登ったり、降りたり、足はガクガク、
寒さで歯はガタガタ。(;_;)
さすが運動不足の私。
油断すると転ぶし、結構気が抜けない作業です。
なんとか作業も無事終了しました。

それにしても父はほんとうに器用な人だな~と。
ちょちょっと何でも修理したり、建物を建てたり・・・
ロープの結び方など、どこで習ったんだろう??なんて見ていて思う。
亡くなった祖父も器用だったので、遺伝なのでしょうか。
私が男だったら同じことしていたかもしれない。
女でもなんかちょちょっとできたら、かっこいいな~。
山に強い女。

追伸:雪はとけましたので、宿は大丈夫ですよ~

2007年★明けましておめでとうございます(^_^)



2007年が始まりました。
私のつたないブログを読んでくださっているみなさま、
本当にありがとうございます(;_;)
今年は昨年より更新を増やせるよう、頑張ります!

蛙家の元旦は姉家族も義兄の実家へ帰省し、かなり穏やかな日を
過ごせました。
んが・・・甥っ子たちは今日再び参上★
姉が同窓会のため、もう少し蛙家で過ごすことになったのです(;_;)
穏やかな日々は消え去りました。
小猿たちはうるさいけど、やっぱりかわいいもんです。

今日は近くの神社へ一人でお参りに。
この神社はこじんまりとしていて、ほとんど初詣に来られる方もいませんが、
私はなんとなく足が向き、結構頻繁にお参りしています。
その後、蛙家のお墓参りへ行ったのですが、なんと祖父と曾祖母のお墓の前の
花瓶や湯飲茶碗がこっぱみじんに割れているのです!

「これは・・・何か不吉な予兆!?」
と割れた茶碗を拾いながら、びびっていた私。
急いで母に伝えたら、「お墓に陶器ものはいかんとよ。
寒さで割れる。プラスチックにかぎる。」

そう、単に小国の厳しい寒さで、陶器が破裂しただけでした・・・
何事もなく安堵した小心者の私です。

明日は93歳のとよばあと両神社へ初詣。
そう言えば、生まれてこのかた家以外でお正月を過ごしたことは2度だけ。
ちょうど留学していた時。
そう考えると、結構私ってまじめなんだな~と。
若かりし頃にカウントダウンや友人とスノボーなんて全く無縁でした。
車の運転ができるようになってからは、毎年とよばあと初詣へ
行っているような・・・
助手席はとよばあ。
最近は偉くなって後部座席の上座に座ってるとよばあ。
ま、毎年けんかしながらでも初詣へ行けることは、ありがたいです。

今年一年よろしくお願いいたします★★★








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。