FC2ブログ

初ジャム

雷ごろごろ。よく降りますね~
今日の午前中は母と最後の梅摘み作業でした。完熟梅干し用に残していた1本ですが、つぶの大きいこと!ケースい~っぱいの収穫でした。

うちの梅の木は亡くなった祖父が植えたものです。桃栗3年柿8年と言いますが、実ものは収穫できるまで随分と歳月がかかります。祖父は4年前93歳で他界しました。「今もこうやって家族に色んなものを残してくれてるよね~」と母とぽつぽつ昔話なんぞしました。
父の代ではブルーベリー畑と言ったところでしょうか。昨年あたりから150本ほど畑に植えてます。まだそれほどの収穫はありませんが、今日限定7個のブルーベリージャムの試作品ができました。もちろん無添加。味はですね・・・ほどよくつぶが残り、酸味もあり、美味しいんです!パンにぴったり。自分で言うのもなんですが、私はくいしんぼうなので味にはちょっとこだわります~。7個しかないのですぐ宿で完売するかも・・・残念。でも大量生産とはほど遠い感じがまたいいのかもしれません・・・うちらしい。


写真一番右は先日身体を張って収穫したじゃがいもです。赤色はアンデスじゃがいもと言う種類。さつまいもではありません・・・なんか色合わせが綺麗★=

スポンサーサイト

地元探検

昨日は久々に熱が出て、ほとんど一日寝て過ごしました=
父曰く、「じゃがいも掘り、頑張りすぎたんやろう~」と・・・
まだまだ私の身体は農業に耐えうるところまで来ていないようで、日々鍛錬!

今日は熱も下がり、朝から宿と「心んま」の掃除。「心んま」も後は巨大テーブルを
待つだけ。
テーブルはお隣の木工所さんが作ってくださってます。かなりの重さで今乾燥中とのこと。
その木工所さんは、黒川温泉の温泉手形も作っていらっしゃって、南国町のあちらこちらで
制作品を見られるのではないかと思います。

お昼からは同級生の友達のお誘いで、黒川温泉のさらに奥の方にある「森の珈琲」にて
ブレイク。かなりの高台に位置し、見晴らしもよく、こんな素敵な場所が地元にあったとは~
灯台下暗し。やはり地元の人間なら地元通になりたいところです。
デジカメ片手にこれからまめに探索してみます!

写真左:「心んま(coconma)の天井です。これ、か・な・りこだわった作りなんです。
      声がすごく通る!マイクなしの一人カラオケもoK!」
写真右:ベジタリワンのムサシ。今日は有機無農薬のはくさいを食後のデーザートとして。



梅雨の晴れ間

この2、3日福岡に行ってました~昨日お昼過ぎに帰ってきてから
もちろん速攻農作業・・・
6月は収穫の時期。梅雨の晴れ間が勝負!と言うことで今朝は晴れ。
麦藁帽&長靴スタイルで朝からじゃがいも掘り。
記憶をたどっていくと、じゃがいもを掘ったのは小学生の時の実習以来。
いかに自分が家の手伝いをやってこなかったかと反省です・・・
今年の実りはわりと良いようで、大きなじゃがいもも結構ありました。
鼻を虫にさされ、トナカイみたいになりながらも、何か達成感みたいなものを感じる
今日午前中の農作業でした。
午後からは母のおつかいです=

しみじみ

今日はどしゃぶりの雨。
そんな雨の中、義兄のお母さんとお友達が宿に来られています。
お母さんのご両親やおじいさんの話を聞き、家族の結束みたいなものを感じました。
私も農作業をして行く中で、親のありがたみにポツポツと気づき始めました。

我が家の無農薬のお米や野菜など、口にするまでにはたくさんの手がかかっています。
その大変さは頭では分かっているつもりでしたが、実際自分が農業を経験していくと、愛情なしではものは作れないな・・・なんて。梅摘みも大変でしたが、甥っ子が「美味しい~っ」て食べている姿を見たら、「頑張るか!」なんておばバカな私もいたり。
多分両親もそんな気持ちで色んなものを作っているのかもしれません。
家族のために、お客さんのために。

父作「手作りのたかきび豆腐」 
「町内名物饅頭」

「やっぱりお腹が減る・・・」

期間限定さこんうえのドレッシング

ザーザー雨の降る一日でした。
こんな日の農家は、せっせと保存食づくり。
蛙家の母は、その時期にあるものを色々組み合わせてオリジナル料理を
作るのが上手です。

昨日私がフラフラになりながら収穫した、熟した梅の実。
これを一度茹で、実と種を別にします。種には果肉がびっしり無農薬の安全な
梅の実ですから、無駄にはしません。さらに国産レモンの果肉の皮(外の皮で
はなく、絞った後に残る薄い皮)のつけこんだものと一緒に混ぜ、1ヶ月ほど置きます。

少し味見をしましたが、美味しかった!1ヶ月も経てばさらにおいしさが↑
ただしこの残りものドレッシングは小瓶ひとつのみ。

★期間限定のドレッシングです★

梅の木に登る

農家は天気の良い日が勝負。
明日から雨が降るらしく、両親はたんぼへ草刈りへ、娘は山へ梅の実を採りに・・・
めでたしめでたし・・・ではなく、結構今日の仕事もハードでした。
以外に梅の木の背丈は高く、ちびっこの私は木に登ったり、枝を揺らしたりとかなり悪戦苦闘。おまけに木の周りには草がぼーぼー生えていて、いつ蛇がでてくるか分からないのでちょっとおっかない。1、2時間で無事収穫を終えました。
苦労しただけに、これからは梅干しひとつにも感謝の気持ちが芽生えそうです。

↓妙に麦藁帽が似合う私です。労働でお腹が減ったので畑のブルーベリーを拝借


↓今日の収穫。相当な重さです。これが梅干しになったり、ジャムになったりします。
 写真にはない熟した黄色い梅の実は味噌につけると言ってました。
 熟した梅はプラムみたいに甘いんですよ。

ホームページ開設

こんにちは。「さこんうえの蛙」三姉妹末っ子です。
両親が宿を始めて9年目、ホームページを開設することができました。
今まで我が家を宣伝してくださった方々、本当にありがとうございます!
この末っ子日記で、宿を通して季節の移り変わりなどお伝えできればと思っています(季節に関係がないことの方が多いかもしれませんが・・・)

今日は一人で「いんげん豆」を摘みに畑へ。 麦藁帽子をかぶり、首にタオルを巻き、おばちゃんスタイルで颯爽と!このいんげんは母の手であんこなどの保存食に生まれ変わるのです。>「くつろぎ処 心まkokoma」で出される甘味のあんこになるかも・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。