FC2ブログ

阿蘇さこんうえの蛙 素敵なクリスマスの贈り物★

DSC_0092_20121227233255.jpg

クリスマスが終わるとあっと言う間にお正月モードですね。
FBを見ているとどこも素敵なクリスマス。
我が家は餅つきにお歳暮準備にとクリスマスとは無縁。
おまけに夕食は長崎のおばが送ってくれた「皿うどん」。
ここまでクリスマスに関係ない一日とは・・・。

でもそんな中素敵な贈り物が!

かわいい焼き菓子でしょう~

実は昨年我が家にお泊りくださった静岡の
焼き菓子店「ユーカリカシテン」さんからの贈り物


DSC_0094_20121227233257.jpg

この子なんてかわいいのでしょう。
かわいらしすぎて食べられません(と言いながら食べるんですけど…)
「ユーカリカシテン」さんの作る焼き菓子は材料のこだわり方が半端ではございません!
できるだけオーガニックやフェアトレード中心のものを選び、乳製品・卵を使っていない
焼き菓子もチョイスできます。

お味がまたいい~
忘れられない味なんですよ~。 ほっとすると言うか…なんですかね…
言葉では上手く説明ができないのですが、お菓子に作る方のお人柄が現れているんですよ
懐かしくてまた食べたくなる味、恋しくなる味
発送もできるようですので、ぜひ一度召し上がっていただきたいです。
さこんうえのお客さんは大好きな味ですよ~♪

「ユーカリカシテン」さん、大切にいただきます!ありがとうございます!

スポンサーサイト

今回はさっくり、しっとり。

cakes_20110529152511.jpg

なんだかさっきまでの風も穏やかになり、台風も過ぎ去ったようですね…。

今日はさこんうえの米粉を使って、「米粉のカップケーキ」に再チャレンジ 

前回は米粉独特のボソボソ、パサパサ感が残り、おまけに冷めるとかっちんかっちん… 

お年寄りには危険な硬さでした。



でも今回は成功~


cake_20110529152512.jpg

おおざっぱな性格のため、お菓子づくりが苦手な私でしたが、

かなり簡単でした 


外はサクサク、中はしっとり。 冷めても固くな~い(笑)


komeko.jpg

こちらが今回使った「さこんうえの米粉」です。

販売もはじめました。

**************************************

  1袋500円(500g)
   
  無農薬・無化学肥料のお米(伊勢ひかり)から作っています。
    
  ご希望の方は sacon12@hotmail.co.jp までメールをお願いします(送料別)
  

**************************************


recipe.jpg

米粉ディビューの方にも安心のお手製『カンタンレシピ』もついてます(おまけレシピですので

チヂミとピザとカップケーキのレシピ。
どれもカンタンですので作ってみられてくださいね! 

新作です。今度はゴーゴーチャ。

gogo.jpg


また雪が降ってしまいました~。
なので冬は加工品づくりにぴったりの季節。

ごぼう茶第二弾として、新作「ゴーゴーチャ」が完成

今回は、ごぼう茶にさこんうえ自家栽培(もちろん無農薬・無化学肥料)のゴーヤを
ブレンドしました!

ゴーヤにもたくさんの健康の元が入っています。

ゴーヤに含まれる植物性インスリンが血液を安定にさせたり、またコレステロールの低下、
血液をきれにする、ビタミンCで疲労回復…などなど、
ごぼうに劣らぬ最強の野菜です。
それにさこんうえのゴーヤですので、何より安心です

ちなみになぜごぼうとブレンドしたかと言いますと…

ゴーヤだけでは苦いのです

苦くないゴーヤ茶もあるようですが、我が家のは苦い。
ゴーヤの主張が強いんですよね~

ごぼうとブレンドすると、いい塩梅に飲みやすくなります。
栄養もプラスされて二度美味しい

ネーミング「ゴーゴーチャ」の最初のゴーはゴーヤ。
次のゴーはごぼうです(笑)
単純だけど快活な感じでいいかなっと

**************************************

ゴーゴーチャ 60g 1袋 900円(※一日カップ1杯でおよそ1月分)

ごぼう茶と異なり、苦味が最後に少しだけ残るので
出汁利用にはおすすめできません。
生姜とブレンドしても美味です。


ご希望の方はこちらまでよろしくお願いしますm(__)m
(アドレスは迷惑メール防止のため、@の後のスペースを詰めて
手入力でお願いしますm(__)m)

sacon12@  hotmail.co.jp

**************************************

蛙工房でのお仕事

design_20110110172615.jpg

ようやく『ごぼう茶』のラベルが完成しました。
農産加工品を作ったら、やっぱりそれをお客さんに手にとっていただけるような
パッケージが必要です。
もちろんプロにお任せすれば一番簡単でセンスよくできるのですが、
私のようにSOHOな人は、一から十まですべて
自分で考えて、作成して、販売までしなければいけません。
でもこれってすごく楽しい作業です

私はど素人なのでデザイン系ソフトはあまり使えません。
本格的にデザインを勉強したことがあるわけでもなく、
センスがものすごくいいわけでもなく、
仕上がりもどっか垢抜けないのですが(市販品のようなデザインはムリ!)
でもその垢抜けない素人感が手作りものには必要では…とできないことの
言い訳として使っています。

基本は手書きが好きなのですが、そんなことをしていたら腱鞘炎になるので、
ちょいちょいPCの力は必要です。
でも自分で作ったものには愛着がわきますね~。
(そう言えば昔一人暮らしをしていた時、やってはいけない部屋の
リフォームをしたもんです。築ん十年の部屋でしたが、愛着がありました)

ラベルは目を引くデザインが一番大事ですが、やっぱりお客様が知りたい
情報を一目でわかる親切な文面が命だろうな~と、うんちくを考えました。
うんちくを考えるのは結構好きです。

今回は女性のお客様に…と言うことで名づけて、

「ごぼう茶で健康美人」

健康美人って???

私の周りはアラフォー・アラフィフ以上の方々が多く、美容よりまず健康を気遣うのです。
健康なくしてキレイにはなれませんからね…
美しいお姉さま方々がただ今飲み始めたところです。
どんな結果になるか楽しみです
(ちなみに健康美人と言いながら父親も飲んでます

さて肝心の私は…?

ヒットの予感

t02200293_0240032010931282284.jpg

先日もブログでお伝えした「ごぼう茶」
嬉しいことに徐々にリピートのお客様が

と言うか自分のブログで宣伝する前に完売してしまいそのままでした
  
tea.jpg

小国産ごぼうで作る  手作り「ごぼう茶」
かなりこだわって作ってます

一袋 60g 800円(税込)送料別
粒状にしてあります。


ご注文はこちらまで sacon12@hotmail.co.jp
***************************************

飲み方①(簡単) 2g(3つまみ)を御湯呑に入れお湯を注ぐ。
       蓋をしてちょっと蒸らすと香りや味がよくでます。

飲み方②(経済的)6gのごぼう茶をお茶パック入れ、水約1リットルで軽く煮出します。

簡単な飲み方でも1カ月分はあります。

***************************************


私はごぼう茶のおかげで自然とコーヒーいらずになりました。
なかなか止められなかったんです
私のごぼう茶を飲んでいる友人が調べてくれたのですが・・・

ごぼう茶にはコーヒーと同じクロロゲン酸とタンニンが入っているため
コーヒーのような満足感を得られるようです。
なんとなくカフェインは肌に…と思っていた女性には朗報です
繊維もばっちり!

ちなみにこのごぼう茶、そのままお出汁にも使えますのでお忙しい方にはぴったり。

小国のごぼうは山間の超えた土で作られることが多いため、味が濃いようです(叔母曰く)

結構やみつきになる味です

sumi.jpg

実は炭火で乾燥させております。この前あまりの寒さで室内でしていたら、
危うく一酸化炭素中毒になりかけました。以後気を付けます

数に限りがあるためすぐにご用意ができないこともありますので、
ご了承の程お願い申し上げます。

今年も秋の実り蛙米ができました!

kome.jpg

今年も無事お米の収穫ができました~。
猛暑でどこもお米の出来が悪いそうですが、我が家は昨年並みに収穫できたようで一安心。
ちなみに品種は小国には珍しい「伊勢ひかり」です。
これで一年間おいしいごはんをお客さんに食べていただけます


少しですがこちらも数量限定で販売もしております。


蛙米 かわずまい
無農薬・無化学肥料  名前通り蛙が泳ぐたんぼで育てました

1キロ 500円
送料別。お支払いはお振り込みにてお願いしております(振込料はご負担いただいております)

玄米と白米(7分づき)よりお選びいただけます。

保冷庫がありますので必要なときまで保管ができます。

※1袋(30キロ)以上お求めの方には、さこんうえ自家製の美味しいものがついてきますので、お楽しみに!

ご希望の方は下記アドレスまで
sacon12@gmail.com




snake.jpg

朝、いつも通り我が家から宿へ歩いていると、石垣にぺろんと妙なも物が張りついている。
よくよく見てみるとなんと蛇の抜け殻。
久しぶり見ました
でもこの抜け殻、完璧なんです!!
頭から尾っぽまで切れることなく、約1メートルくらいの長さで残っていました。
目のところもくっきりちなみに写真は頭が上。
たまたま宿泊されていた東京の若い女性のお客さんにも見せたら不気味がっていました…。
私もあんまりヘビは得意な方ではないのですが、あんまり完璧な姿なんでホレボレ

昔から蛇の抜け殻を財布に入れるとお金持ちになる…と言いますが、
これを全部入れたら財布がパンパンになってお金が入らないかも

気になるのはこの蛇の行方…。どこへ消えたの~
(ここら辺はマムシはいないのでご安心を


ゆずこしょうづくりは思ったより大変です。

yuzuki.jpg
 
秋も深まり我が家の柚子の木には、柚子の実がたわわに実っています。
今年は私もいることなので、手間がかかる柚子こしょうづくりをすることに。
背丈の高い柚子の木なので、父が高枝はさみを使ってバッサバッサと実を落とし、
下で柚子の実にあたらないように私が拾い上げる連携作業です。

yuzumi.jpg

もちろん消毒などしませんので、少々キズもあり。

yuzu.jpg

これが今回作った「ゆずこしょう」
普通は夕食のお鍋の時のみお出ししていますが、少しだけ販売用として作ってみました!
青とうがらしとの格闘がすさまじいもので、ビニールでプロテクトしていたものの、
やはりヒリヒリ。
手作りのゆずこしょうは手間暇かかることを実感。

でも蓋を開けるとゆずの香りがふあっと。
鍋にドレッシングにかかせません
自分で作っておきながらなんですが、おいしいです。

******************************

さこんうえ手作りゆずこしょう 550円(80g)
※保存料は使っていません。手作りなので数もあんまりありません。
ご希望の方は下記アドレスにご連絡くださいませ

sacon12@gmail.com

******************************

minimkt.jpg

さこんうえにも少しずつ近所のおばちゃんたちの保存食が登場。
我が家に来られたらぜひのぞいてくださいね。
押戸石のお味噌は今からの季節ぴったりですよ!

秋空の下の撮影会。気分はカメラマン。



森の景色もすっかり冬へさまがわりのこの頃。
先週リトルカントリーにて、撮影会がありました。

なんの?

たびたびブログでコマーシャルした、decoさんとリトルカントリーのnamiさん
その他小物作家の方などの展示会用です。

話すと長くなるんですが、かいつまむと・・・。

リトルカントリーのnamiさんは羊の毛から毛糸を紡ぎ、手作りのマフラーを
編んでいます。染色も自然のものを使いとっても優しい色合い。

そのnamiさんに「小国で展示会ばせんね?」とお声が。

そしてnamiさんの友人りっこさんの一声で、あれよあれよと、その仲間たちが集まり、

「じゃーマフラーに合う手作り1点ものの洋服をつくろう!」とdecoさんが。

「じゃー、後々のために作品をカメラで撮っておこー」とデジカメを使いたくて
うずうずしている私が。

「ならばモデルに着せよー」と、私のいとこを拉致状態で現場(リトルカントリー)
へ連れて行く。

素人軍団(作家さんたちはプロです)の勢いで始まった撮影会。

カメラの三脚は土にめり込む、日は沈みかける・・・とバタバタと数時間。

モデルがよかったのと、偶然の日の光が手伝ってくれたのか、
結構シャレた写真ができた(自画自賛)

コーヒーでも一杯とくつろぎかけた頃、携帯へ留守電が・・・。

「あんたどこおるとねー!!!(母)」 




来ている服(ジーンズ)以外は全部手作り!
裏がまたこってる!
実はセミオーダーで自分の好きなスタイルに作ってくださるのです。
ちなみに帽子はいとこが編んだもの。

料理好きさんには、意外な穴場なんです。



たんすに閉ったフリースが、あまりの寒さでまた登場。
ほんの数日前までは、半袖でウロウロしていたのに・・・。

さて今日はさこんうえのミニミニマーケットをご紹介。
家にお泊りいただいたお客さまはご存じでしょうが、
カエル色の屋根「心んま」の中に、ちょっとだけ村で採れた(作った)、
加工品がおいてあります。

干しシイタケ、ぜんまい、切干だいこん、梅干し、味噌etc.。
村のおばちゃん達は、季節に応じてさまざまな保存食を作ります。
この時期は山菜でしょうか。
そんな顔の見える安心な加工品を、かなりのお手頃価格でお求めできるのです!

ちなみに、保存食は天日干し。
太陽をいっぱいに浴びたものだから、おいしさがアップ!!

干シイタケケなど特に味に違いが・・・。
「このシイタケでうどんの出汁をとったら、子供の食べっぷりが違ったのよ!」
なんて嬉しいお言葉をいただいたり、
この前も、大阪からバイクでの旅行途中に、「お味噌買いにきました!」と
立ち寄ってくださったり!

品数は少ないミニミニマーケットですが、お客さんも、村のおばちゃん達も
喜んでくださっています。
もちろん我が家も。これぞトリプルウィン★★★
(もちろんうちは手数料など一切いただいておりません)

ネットで販売など、シャレたことはやっていないので、ぜひ小国お越しの際は
ふらっとお立ち寄りくださいね(・・・ただいつも加工品があるとは限らないので、
お問い合わせください★)

他にも味噌まんじゅうや、お漬け物、天然酵母のパンや米せんべいなど、
まだまだ村にはた~くさんあります!

例えば、お値段は、こんな感じです(量によって、価格も変わります)
************
手作り味噌 1キロ 500円
干しシイタケ  250円
乾燥ぜんまい  700円
切干だいこん  600円
梅干し    350円
味噌まんじゅう  315円(5個入り)
************


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。