FC2ブログ

ちび介初の川遊び

IMG_4295.jpg

夏休みも始まり暑くなってきました
仲良しのご近所のママ友さんと一緒に近くの川へ水遊びにでかけました。
ちび介にとっては初川遊び。
かなりテンション高いっ!

IMG_4294.jpg

この川はブログにもたびたび登場する沈んだ橋がかかる川。
このようにハイハイ中の赤ちゃんでも安心して遊べるのがいいところ。
普段うちの山砂の駐車場で鍛えているちび介はごつごつした橋もハイハイ。

IMG_4297.jpg

お父さんに少々粗目の洗礼を受ける(笑)

IMG_4293.jpg

浅瀬で安心できる橋ですが、片方は水の勢いでこれくらい深くなっているので目は離せません!

IMG_4277.jpg

水遊びで冷えた体を少し温めるために休憩中。
旦那さんが気を効かせてリヤカーで椅子とアイスを持ってきてくれました
スポンサーサイト

今年もやって来てくれました!シンガポール国立大の学生さんたちです。

IMG_4050.jpg

毎年この時期になるとシンガポール国立大の学生さんたちが研修にやって来られます。
昨年は震災直後だったため安全をとってキャンセルになりましたが、
今年はまた来てくださいました!

我が家では2泊間滞在。
毎回何かしらの農作業を体験するのですが、今年は先生の念願である田植えを体験!
ところでシンガポール国立大と言えば、世界大学ランキングで
アジアナンバー1なんですよね(*_*)
未来のエリートたちがこんな山の中で田植えとは・・・。
うん、きっと良き思い出になります(笑)

まずは父が簡単にレクチャー。

IMG_4010.jpg

習うより慣れろ
とりあえず田んぼの中に恐る恐る入ります。
田んぼのひんやり感が気持ち良さそうです。

IMG_4024.jpg

田植えは手植えでも稲刈りは機械なので、できるだけまっすぐに植えないと後が大変です。
ピンとはった紐にそってきれいに植えていきます。
最初は慎重そうだった学生さんもどんどん慣れてスピードがあがっていきます。

IMG_3998.jpg

現場監督のチビ介も先生のサングラスを拝借し見学です。

IMG_4029.jpg

かれこれ45分程度、中腰で黙々と苗を植え続けた皆さん。
汚れた足を洗いに近所の川へ。

IMG_4034.jpg

足をきれいにした後は腹ごしらえ。
近くのカフェ・カリンまで歩いて行きます。
ピザがおいしかったことでしょうね!

皆さんお疲れさまでした。
収穫は10月頃になりますよ~。

初節句

5月も半ば。
GWも終わり、来週は毎年恒例のシンガポール国立大学の生徒さんたちが
やってきます。
その報告の前に・・・

今年はチビ介君の初節句でした。

IMG_3795.jpg

旦那さんのお姉さんご夫婦とお友達が関東より遊びに来てくださり、
今回はチビ介の鯉のぼり建ても手伝ってくれました!

まずは竹林より10mほどの竹を切り出す作業。
これがなかなか大変 お姉さんのリーダーシップの元、せ~の!で何度も方向転換をしながら選ばれた
1本を運び出す。

IMG_3803.jpg


さらに畑までこの10mの竹を運ぶのですが、途中沈み橋と言う難所があり切り返しがこれまた大変

IMG_3809_20170515222902f6d.jpg

どれくらい長いかこの写真で見るとよくわかります~

IMG_3812_20170515222930bf4.jpg

竹が到着し、早速設置です。
風の方向などを考えながら名前旗を取り付けます。
そして10mの竹をみんなで立てる作業に入ります。
残念ながら動画しかないので割愛しますが、この作業がまさにチームプレー!
お見せできないのが残念!

DSC03529.jpg

主役のチビ介君はお姉さんお手製の甚平を羽織り、写真撮影会。

IMG_3914.jpg

青空になびく鯉のぼりが・・・
ん? 鯉???
そう、我が家は鯉のぼりではなく、くじらのぼりなのです!

以前住んでいた宮崎市の佐土原町はくじらが縁起物。
くじらが雄大に青空を泳ぐ姿を見て、息子が生まれたらくじらにしたい!
と思ったのです。

しばらく近所でも話題だったようです(笑)

IMG_3849.jpg

兜はこちらも珍しく木製兜。
細かい細工がしてあり、これからチビ介の年齢とともに
変わっていく姿が楽しみです♪

皆さんの協力あって迎えられた初節句。
来年くらいにはチビ介君も理解できる年になると思うので、
この話をしてあげたいと思います!

感謝!

阿蘇の一斉野焼き

春ですね~
花粉が飛び始めたのに全く花粉症がでないので免疫上がったのかも!?っと
喜んでいたら気のせいでした(笑)
くしゃみはでるし、目はかゆいし・・・この時ばかりは小国杉が恨めしい(笑)

春と言えばこの時期阿蘇一帯は野焼きシーズンです。
3月の第一日曜日を本番に、雨天等で決行できないことを想定しその後毎週日曜日
仮日として野焼きの行事にあてられています。
今年は天候がよく予定通り第一日曜日に野焼きが行われました。

そして今年は旦那さんの野焼きデビューとなりました!

InkedIMG_2505_LI.jpg

中湯田地区16軒から一人ずつ参加します。
男性が主に参加しますが、女性の方もいらっしゃいます。
軽トラで牧野に集合。

IMG_2514.jpg

手作りの火消棒。
背の高さや使いやすさなどそれぞれの個性がでています。

IMG_2513.jpg

火をつけて様子をみます・・・。

IMG_2522.jpg

お~燃えちょる燃えちょる
そんな話でもしているのでしょうか。

IMG_2526.jpg

ここまで火が強いと怖いですよね(*_*)
映画の世界です。

IMG_2530.jpg

炎の後の噴煙が幻想的。
でもきっと煙臭くてせき込みそうですよね。

今年も怪我人や火災もなく無事野焼きを終えることができました。
後々近所のおばちゃんから
「あんたんとこの旦那さんはパシャパシャ写真ばよー撮りよった!珍しかとやろうね~」と。

はい!デビューなもので(笑)


夫婦共同作業デー

IMG_3495.jpg

またまた夕食の鍋用のほうれん草を収穫に畑へ。
空は雲一つない晴天。
しかし・・・畑の土は凍ったままで肝心のほうれん草が抜けない!
多分氷点下7℃くらいでしょうか?

IMG_3472.jpg

一緒に来てくれた旦那さんが硬く凍った土を地道にほぐしほうれん草を収穫してくれました。
背負われたチビ介は眠っているので何が起きているかはよくわかっていません。

IMG_3473.jpg

土のついたほうれん草は宿にある山水が流れ落ちる台所で洗います。


IMG_3475.jpg

三段階になっており、一番下流が土付きの洗い場。
真ん中は二度洗いや野菜を浸しておく場所。
一番上は飲み水などに使います。
すっごい水が冷たいです!!!

IMG_3489.jpg

こちらがさこんうえのほうれん草。根っこが長くて太いです
(こちらは比較的小さめのサイズです)
あっ、根っこは食べませんので(笑)

IMG_3479.jpg

夫婦共同作業と言えば、こちら蛙夫婦も。
今年一年使用する味噌づくりがスタート。
無農薬・無化学肥料で育てたさこんうえのお米を小国の岳の湯温泉の地獄蒸しで
2~3時間蒸し、その蒸したお米に麹菌を混ぜ米麹を作る作業。

IMG_3480.jpg

今日から発酵機で3日間発酵させ米麹の完成。
これが甘酒の原料となります。
この他にもお味噌を作るには、麦麹(我が家の場合は)、そして大豆とあと2回ほど
地獄蒸しに行くことになります。
またその時にでも写真を撮ってきます~

寒さに負けない野菜たち

IMG_3391_2017012323111371a.jpg

さこんうえの冬の野菜と言えば・・・ほうれん草。
どんなに寒くてもほうれん草だけは路地でも大丈夫。
我が家の今晩の食材を取りにチビ介も一緒に畑に収穫。

IMG_3390.jpg


我が家のほうれん草は肉厚で横に横にと葉を広げていきます。

IMG_3393_2017012323122618d.jpg

こちらは芽キャベツ。
さすがに路地栽培は無理なのでビニールハウスの中で育てています。
こちらは上から見た姿。

IMG_3392_201701232312247b7.jpg


芽キャベツってひとつひとつはかわいいのですが、全体をパッ見た感じ不気味に感じるのは私だけでしょうか・・・。

IMG_3394_20170123231227b3c.jpg


とにかくここ最近氷点下続きで寒い!

IMG_3395_20170123231228848.jpg


散らついていた雪も本格的に降り始め足早に畑を後にしました~
今晩は野菜鍋です

2017年スタート 

IMG_3372_201701232322503aa.jpg


2017年も始まり、さぁー動くぞう~と思いつつ最近の氷点下続きの寒さで凍っています
そんな中久しぶりお天気に恵まれ家族3人で近くをドライブ。

IMG_3371_20170123232247702.jpg


そう、阿蘇山です~
本当に近場(笑)
中岳からもくもくと噴煙が登っていますが、穏やかな阿蘇山です。
寒い中大型観光バスも来ていました。外国からの観光客の方々のようです。
草むらに残っている雪を見て楽しんでました♪


IMG_3370_20170123232246e5e.jpg


チビ介も5ヶ月。体重も増え抱えるのがやっとです。
この日は車中でお弁当をいただきました。

家族が増えました(^^♪

DSC_0196_20161203000102cde.jpg

4ヶ月ぶりのブログ更新です。
8月に息子が誕生しました~。
超高齢出産のため、ブログを書く力が残っていませんでした(笑)

DSC_0188_20161203000101628.jpg

もうすぐ4ヶ月になる息子ですが、2650gと小さかったのにすでに7キロ越えです!
私も子守り役の婆(母)も腰が痛くて・・・。
時々お客さんに子守をお願いしながらなんとかやってます(笑)

時々ブログに登場するかと思いますので、よろしくお願いします(^^♪

やらなきゃいけない田舎の仕事

IMG_2329.jpg

さこんうえの宿から歩いて数分。
村の観光協会のメンバーで作っている「実のなる木公園」
名前は素晴らしいが、どこに実がなっているのかわからないくらいほど
雑草が伸び放題

秋になると栗拾いで行かれたことのあるお客さんもいらっしゃるかと。

梅雨前のこの時期に草刈りをしますが、父は田植えや畑と忙しく手が回りません。
そこでたまたま旦那さんの友人が遊びに来てくれていたので、そのままずうずうしく
手伝ってもらいました (旦那さんは仕事で不在)

DSC_0104.jpg

実のなる木のひとつ、「ジューンベリー」の実。
ブルーベリーほどの小さいな実ですが、甘くてジャムにぴったりです。

DSC_0100_201606021134383c5.jpg

しばし休憩。
人生を語っているのでしょうか・・・
見えませんがムサシも参加してます
友人のおかげで雑草畑も公園風になりました~。感謝です


おまけ
DSC_0092_20160602113436f8e.jpg

現在のさこんうえの収穫物

えんどう豆
小さいころ大っ嫌いで豆ごはんの香りをかいだだけで倒れそうでした(笑)
今はゆでたえんどう豆に軽く塩をしてポリポリいただくのが好きです。



DSC_0091_20160602114214aca.jpg

玉ねぎ
うちの玉ねぎは化学肥料を使わないので小粒です。
私としては小粒な方がスープなどにまるごと使えるので重宝します。

<お知らせ>

さこんうえの蛙のFACEBOOKを始めました~(今頃ですが
掲載している写真はブログとできるだけ違うものをと考えていますので
良かったらのぞいてみてくださいね!

写真を気に入られたら「いいね!」をぽちっと押してくださるとうれしいです。←励みになります
ちなみにさこんうえの蛙で検索すると2つのFACEBOOKがでてきます。
住所が熊本になっている方が私が管理しているものです。

さこんうえの蛙 FACEBOOK

理想的な野菜づくりですね

IMG_2277.jpg

我が家で初めて自家採取で丸いズッキーニが育ちました。
いえ・・・正確には採取ではなくこぼれ種で成長したといった方がいいのでしょうか。
ハウスにできたものなので父が受粉をしましたが、この時期に我が家で
ズッキーニが食べられるとは思ってもいませんでした

苦味がなく、甘みの少ないメロンっと言った感じでしょうか。
サラダにして食べました。

IMG_2278.jpg

こぼれ種と言えばこちらも。
オカノリと言う野菜で、結構珍しがられます。
大きくなると私の背丈は優に超えます

IMG_2279.jpg

新芽は天ぷらに、大きくなった葉っぱはおひたしなどに使います。
ヌメリがありポン酢にも合います。
最近友人二人のところへお嫁入りしました
手入れいらずなので逞しく増えてくれると思います。

IMG_2281.jpg

ここ最近ムサシを連れて散歩へでかけます。
久しぶり野いちごを発見。

IMG_2286.jpg

小さい頃こんな風にして山の中でおやつを探し出していたなぁ。

DSC_0089_20160525100711e51.jpg

自家製のジャージー牛乳のヨーグルトのトッピングに

自家製甘酒は栄養満点

DSC_0105_20160521164318935.jpg


妊娠も8ヶ月目に入ると、むしょうに甘いものが欲しくなります。
体重的には母子共に問題はないのですが、やはり砂糖を使った
お菓子などを口にするのは罪悪感が・・・。

でも食べたい
やたらに食べたい

そこで思い出したのが、母お手製の甘酒。
うちはお米を無農薬で作っているのである一定の量くず米と呼ばれる
割れたお米などが発生します。
今まではそれを米粉にしたりしていましたが、ここ1、2年は米麹を作り
冷凍ストックをし、必要な時に甘酒を作ったりしています。

お味噌もそうですが、この米麹を作る時も小国のはげの湯温泉の地獄蒸しで
お米を蒸してきます
もちろん自宅のせいろでも蒸すことはできますが、やはり出来上がりが
違うようです。これも温泉効果?

蒸したお米に麹菌を加え自宅の発酵機で蒸すと、白っぽく麹菌が増えます。
自然の甘みがしっかりあり、このままポリポリ食べても美味しいです。
冷凍するとより食べやすい触感です。
米麹そのものは白っぽいのですが、甘酒にすると少し黒っぽく濁ります。
なぜか見た目は市販品のような真っ白な甘酒ではありません。

先日お泊りのなった福岡のお客さんは、「自分がいつも買っているものより甘い!!」
とたくさん購入して帰られました。

甘酒の効果はたくさんありますが、今の私の体調にはこの天然ビタミンドリンクは
もってこいの一品です
赤ちゃんが生まれたら離乳食にも使ってみようと思います

穴掘り隊長と仲間たち

気が付けば、ブログが一年毎に更新されていて反省
それも仕方ありません。
結婚して他県に住んでいては、さこんうえ周辺情報はわかりませんもの・・・。

ですが・・・これからはたぶん大丈夫。 たぶん・・・(笑)

実は今実家におります

あっ、一人じゃないですよ~。

旦那さんとそして・・・

お腹にちびすけもいます!

妊娠を機に熊本へ引っ越すことに決め、現在さこんうえに居候中。
ちなみに知っている方は知っている。
超・超・超・高齢出産なのです。
予定日は多忙期真っ只中のお盆です。

たまたま引っ越しが熊本の地震と重なり大変な時期でしたが、
少しずつ生活も落ち着いてきました。

なので、ここらでブログも久々アップ↑↑↑

さて、今日は浮羽の友人で陶芸をやっているみかちゃんが我が家に来てくれました~。
夫婦ともどもお世話になっており、お付き合いもかれこれ20年近く!
今近くに住む仲間たちと畑をやっていて今年から新たに田んぼもすることとなり、
我が家の田んぼに植えているマコモの苗をもらいに来たのでした。

DSC_0087_201605201831548b7.jpg

これがマコモの苗。
稲のように分けつしていき、わずか5株程度だった我が家のマコモも
3年経った今この状態。

DSC_0090_20160520183158fea.jpg

父のレクチャー。

DSC_0093.jpg

ここからマコモ堀り。

DSC_0091_2016052018315880a.jpg

応援部隊現る・・・が役には立たない。

DSC_0097_20160520183200a14.jpg

無事株分けも済み、後は縁側でティータイム
お土産でいただいた屑もちと母お手製のフローズンブルーべりー。
仕事の後のスイーツは美味。って私は何もしてないですけど(笑)












梅雨の晴れ間のおでかけ

なんと気が付けば一年ぶりのブログ更新。
自分でもびっくりです 

相変わらず宮崎と阿蘇との行き来の生活ですが、ここ数か月は宮崎中心で
久しぶりの小国でした~。

実は大阪から2週間ほどお手伝いの女性の方が来られており、
ここは女子同士お出かけでも!と言うことで、またまたこちらも久しぶりの
「押戸石の丘」に早朝行ってきました~
朝日を拝むにはちょっと遅すぎでしたが、梅雨の晴れ間で雲海も見られました~。

話がそれますが、この場所で映画「進撃の巨人」の撮影も行われたそうです。
漫画ではまった私としては撮影を見てみたかったです

IMG_1317.jpg

九重山方向にうっすらと雲海。

IMG_1314.jpg

遥か向こうには阿蘇山も。

IMG_1219.jpg

こちらは別の日に撮影したもの。
宮崎へ帰る途中のやまなみハイウェから見た阿蘇五岳。
根子岳のギザギザがはっきり見えます。

梅雨が明ければこんな晴天の空が見られますよ~。

IMG_1287.jpg

おまけ。
庭のブランコを新調しました。
最初のお客様はムサシくん。
すぐに降りるかと思えば、意外とお気に入りのようです。
ブランコから眺める星空も素敵ですよ★★☆


かなり遅いですが今年の田植えです

DSC_0207.jpg

ちょっと、いえかなり?前ですが今年も田植えをいたしました。
現在もすくすくと稲は育っております。
毎度毎度の事後報告ですが折角写真を撮ったのでご報告いたします。

我が家はよくCMで見かけるような田植え機ではなく、このように手で押していく
タイプの田植え機を使っています。
規模が3反と言うこともあり、手押しでもなんとか対応できます。

サーフボードっぽいですよね(笑)

ポット式の田植えで、稲の育て方も違うようです。

DSC_0216.jpg

見た目簡単そうなので調子に乗って私も初チャレンジ!
気合十分 闘志メラメラ?


DSC_0217.jpg
はい~、もうこの一歩でふらふら。
足がとられるわ、まっすぐ進まないわ・・・筋肉痛がすでに起きているわ・・・
3列で終了。
また来年ね!

DSC_0218.jpg

あとは父が私の蛇行した列を補正しながら田植えを続けてくれました。

DSC_0221.jpg
改めてお米一粒のありがたみを感じた日です。

IMG_0136.jpg

おまけ

今朝のお宿の朝食です(一部)
メニューは

ジャージーヨーグルト入りの玉子焼き
さこんうえの米粉のチヂミ
茄子とピーマンのトマトソース煮込み
ピーマンのジャガイモづめ
かぼちゃんの甘辛ソテー
西洋ほうずきとベリーのしそ風味
夏野菜のバジルサラダ(シンプルにお塩とオリーブオイルで)
切干大根の煮物
具だくさん味噌汁
ジャージーヨーグルト(手作りジャムつき)

ほとんど作り置きなしで、あさ2時間かけてつくっております!
ちなみさこんうえは、和洋中関係なく料理をお出ししています(笑)
お肉もお魚もありませんが、朝から野菜もりだくさんで元気がでるメニューですよ

和風ピザ

DSC_0013.jpg

既に季節は終わりましたが、この一月ブームだったピザのトッピングがあります。

山椒の葉 です。

DSC_0022.jpg

そして具は筍

ようやく今年育ったローズマリーもプラスしてみました。
ローズマリーと山椒の葉はお互い香りが強すぎるので、別々が良いのですが
我が家用としてハーフ&ハーフでトッピング。

DSC_0027.jpg

山椒の風味がなかなかいけますよ~

縁が縁を結び・・・

DSC_0001.jpg

ちょっと前のことですが、3月の初旬嬉しい出来事が

昨年研修でお泊りいただいたシンガポール大学の学生さんのお一人が、
またお友達を連れて泊りにきてくださいました!

現在日本に留学しており、休みを利用してお友人5人を連れての九州の旅です。

今回はイギリス、アメリカを中心とした国の方たちで総勢6名です。

DSC_0002_201405251929086b6.jpg

季節がら青々とした阿蘇は観光できませんでしたが、野焼き前の冬の澄んだ景色も
また阿蘇の雄大さを感じられました。

DSC_0004.jpg

大人数ですし、折角日本に来ているのだからと父と私の車2台で阿蘇周辺を観光。
みなさん寒そうにしていながらも、展望台の端まで歩いたりとアクティブでした。

DSC_0005.jpg

阿蘇神社を訪ねました。

DSC_0006_2014052519291306a.jpg

知る人ぞ知る、高砂の松。
女性は右回り、男性は左回り。
恋愛運上昇
私・・・?
もう何年も前から回ってますよ

DSC_0007_20140525193006658.jpg

近くに身長を測ることができる石碑?を発見。

DSC_0008.jpg

彼はすでにメモリを越えそうな勢い・・・。

DSC_0010_20140525193009f9f.jpg

一番盛り上がったのは・・・
お守りコーナー
やっぱり女子はここで足止めが・・・。
内容に納得いかず2度くじを引いた方も

国変われど女子の心は同じです。

第3回シンガポール国立大学農村体験♪

DSC_0178-a.jpg

今年で3年目。
シンガポール国立大学日本研究科の学生さんたちが、
またさこんうえに来て下さいました~

男性2名、女性9名とクリス先生。
やはり女性多し!

DSC_0041.jpg

さこんうえでは農村の暮らしを実際に体験してもらいます。

シンガポールは金融と観光業で成り立っている国ですので、農家を肌で感じられる
機会はとても少ないようです。

例年になくみな農作業やる気まんまん

ウェスタン帽子の父よりレクチャーを受け、早速ピーナッツの苗を植えます。

「実は今さこんうえの料理で大活躍のピーナッツは、昨年先輩方がこうやって
植えてくれたものだよ~」と伝えたところみなさん感動。
植えたものが食されると言うプロセスは心にちょっとぐっときますよね。

DSC_0045.jpg

あっと言う間に作業終了。

DSC_0066_20140525142340ff5.jpg

次は早生のじゃがいも堀り(本堀りはもうちょっと後の時期に私がやります

DSC_0059.jpg

ちょっと少なめなので探すのも大変そう。
どこに隠れてるの~?

DSC_0057.jpg

ちびすけみっけ!

DSC_0058_20140525142319657.jpg

それ、葉っぱだけだね~。

DSC_0067_2014052515420329d.jpg

ローフード(生食)でいきますか

DSC_0056_20140525153912174.jpg

宝物みたい

DSC_0062.jpg

写さないでっ!(笑)


DSC_0072_20140525142341f4a.jpg

次は場所を変えて、さこんうえ初の農業体験。
さてさて、どこへ?

DSC_0077_2014052514234389d.jpg

通称沈み橋。
わずかな雨でも浸水すると言うなんとも不便な橋。
見ての通り橋の役割をはたしておりません。
でもこの不便さが楽しい

靴をぬいでひんやり心地よい水の橋を渡ります

DSC_0097_20140525142409009.jpg

そしてどんどん山奥へ

DSC_0091_201405251424058b1.jpg

そう次の農作業は筍のこ堀り

DSC_0089_20140525142346f08.jpg

みんな鍬を持って、にょきにょき顔をだした筍を掘ります。

DSC_0092_20140525142406fdc.jpg

がんばれ~

DSC_0083_20140525142344f3d.jpg

がんばれ~

DSC_0090.jpg

筍の時期としてはちょっと遅めでしたが、無事収穫

DSC_0096_20140525142407dfc.jpg

みんなおつかれさま!
あとはおばちゃんとお姉さん
(↑おばあちゃんとおばさんが正しい呼び名かもしれませんが・・・)
に任せてね!美味しい筍料理に変身させます

DSC_0100_20140525154205b21.jpg

帰りはまた沈み橋を通って帰ります。
一輪車姿も様になってきた。

DSC_0101_20140525142430be2.jpg

午前中の部終了~

DSC_0102.jpg

おつかれさまでした!
ランチは手巻き寿司


DSC_0103_201405251542413d8.jpg

午後からは村周辺を散策しながら、グリーンツーリズムについて
リサーチしていきます。
(※グリーンツーリズムと言う言葉は学生さんの間では使われて
いませんが、大規模開発なしに村にある資源を活用して産み出
される観光という点では近い感覚だと思います。)

DSC_0109.jpg

しいたけ用のクヌギの木の側を通り・・・

DSC_0111.jpg

勝美じいさま(私のおじいちゃんで94才で他界)が生前植えた
つつじの園を通り・・・

DSC_0112.jpg

実際にしいたけが育っている姿を目にし・・・

DSC_0114_20140525142455dfa.jpg

小さいな神社を眺め(昨年はお社まで行きましたが
今年は時間足らず?)・・・

DSC_0120_2014052514245629f.jpg

目的地、「河津製材所さん」へ到着。
こちらも毎年研修にてお世話になっております。

河津だけに親戚でございます。

こちらは競り市で購入した小国杉をわいている工場。

DSC_0130.jpg

その工場からとことこと次なる工場へ移動。

DSC_0177.jpg

学生さんたちは手にしたマップを見ながら現在地を確認。
最近気が付いたのですが、私はちょっと方向音痴らしい(関係ないですね

DSC_0132_201405251424591a2.jpg

工場へ到着。
昨年も説明していただいた工場の方に今年もお世話になりましたm(__)m
河津製材所さん、小田さん、ありがとうございました!!

DSC_0144.jpg

ふむふむ

DSC_0149.jpg

ふむふむ

DSC_0152.jpg

ふむふむ 

DSC_0165.jpg

最近ペレットストーブ用のペレットの製造もはじめられました。
灯油高騰やエコを考えると、我が家もそろそろペレットストーブを入れたいところです。

DSC_0159.jpg

学生さんたちは熱心に質問をし、メモを取っていらっしゃいます。
研修だけに後でレポート作成が待っています

DSC_0173.jpg

メモメモ

DSC_0170.jpg

田舎でもやり方しだいでは何かしら地域の資源を活かした産業が産み出される
可能性を感じとっていただけたのではないかと思います。

レポート頑張って欲しいです

2泊3日、おつかれさまでした!
また遊びに来て下さいね



今年もさこんうえにファームステイはいかがですか? 

一昨年、昨年続き、今年もさこうえで農作業や宿のお仕事をお手伝いくださる方を
募集いたします

一昨年は福岡から新婚ホヤホヤのはるはるが手伝ってくださいました。
昨年は広島よりマキマキが参上!マキマキは元々宿のお客さんでその後も
プライベートで遊びに来てくれています♪

CIMG0337_20120814093002_20140417113310c12.jpg

初代さこんうえ女子 ほんわかはるはる(福岡)


DSC_0122.jpg

2代目さこんうえ女子 てきぱきマキマキ(広島)


こうやって各地に娘たち(もちろん母にとって(笑))が増えていくさこんうえです。

有機農業や野菜料理・加工等、半農半Xの暮らしに興味のある方がいらしたら
ぜひご紹介、ご連絡ください。

労働契約ですが、アルバイトではなく、働いていただいた代わりに
食事(3食)と宿泊場所を提供するウーフスタイルを希望しております。


**********************************

期間:7月~8月(2週間~一ケ月)できるだけ長くいてくださる方を募集しています。
人数:女性1名(大学生~40代くらいの方まで)
仕事の内容:宿全般の補助(宿の掃除・料理の手伝い・加工品づくり等)
      農作業の補助(ブルーベリー摘み・畑や田んぼの作業)


その他追記事項

・宿泊は自宅にある一部屋(水洗トイレ付)を利用できますので、
 プライバシーは守られます。

・パソコンは無線LANの環境です(必要な方はMACをお貸しします)

・自宅にはミニチュアダックスフンド(ムサシ君)1匹がおります。
 最初は少々吠えますがすぐにじゃれてくるので犬嫌いでない限り大丈夫かと思います。

・自宅の食事は野菜中心ですが、ベジタリアン(マクロビオッテック)ではありません。
 ベジタリアンの方で自炊希望の方は野菜などの材料をお渡ししますので、ご自由に
 調理されてください。

・お風呂は温泉ではありません。どうしても温泉へ!と言う方は車で5分の村の温泉を
 ご利用ください(200円)

・駐車場あり ※田舎なので公共交通機関はほとんどありません。

・休日は予約状況をみながらとっていただきます。
 

**********************************

さこんうえはクーラーいらずの朝晩涼しい場所です!
昼間は扇風機と自然の風の中で過ごします。
夏はさこんうえの多忙期ではありますが、緑に囲まれたこの環境でおもいっきり体を
動かしたい方にはぴったりの季節です。

ご質問などありましたら遠慮なくお尋ねください。
一緒にお話をしたり、ご飯を食べたり、楽しい時間を過ごせるとうれしいです♪

問い合わせ : sacon12@hotmail.co.jp

元気な阿蘇山


DSC_0243 1

月1回、熊本市内へと歯の矯正治療のためミルクロードを往復する私ですが、
この日の光景には目が釘付け。

あと20分も運転すれば家に到着するのですが、ついつい展望台に車を止め、
その光景に見入ってしまいました。

阿蘇山の火口から噴煙がもくもく。
展望台からそれなりの距離があるのですが、明らかに普段とは違うダイナミックな
噴煙。

スマホでの撮影なのでクリアではありませんが、それはそれは見事です。

さらに・・・

DSC_0244 1

夕日が沈むタイミングと重なり、ロマンチックだこと(ま、一人ですけど

サラリーマン風の人まで車から降りて、パシャパシャ撮影。

この方何を考えてるのでしょうね・・・。明日もガンバローとかでしょうか

阿蘇に生まれてよかったと思うひと時でした。

ちなみに只今阿蘇山規制1レベル。 火口より1km以内は立ち入り禁止!

やっぱり穏やかな阿蘇山であってほしい・・・。

春支度

DSC_0103.jpg

毎年春になると、イノシシと先を争って探し行く我が家のタケノコの竹林。

このすーっと伸びた竹の1本切って・・・

DSC_0120.jpg

軽トラで運んで・・・

DSC_0122_20140116175332481.jpg

庭先のキウイ棚の作りかえをしました。

もちろん父が。

測って・・・

DSC_0125_20140116175333396.jpg

チェーンソーで切って・・・

DSC_0126_20140116175335a8d.jpg

こんな感じに。 

DSC_0121.jpg



一人作業なので大変そう。
 
じゃぁ、手伝ったら~って聞こえてきそう。
ん~多分じゃまになるのでやめときます


新芽がでる3月頃にはパオパオをかけます。
パオパオって象ではありません。
資材のパオパオ。カバーですね。なんだかかわいい響きです。

昨年はこの作業が遅くキウイがほとんど収穫できませんでした。
今年はたくさん実るといいですね~。


DSC_0088_20140116175411554.jpg

暖かな陽気に我が家のらんちゃんもご機嫌

さこんうえの冬景色♪

DSC_0113.jpg

この冬一番の寒さとニュースで流れていますが、
もちろん小国もものすごく寒いです!
そんな中久しぶりカメラ片手に村を散策。
雲の隙間からのぞく太陽が愛おしい。もっと降りそそいで~

DSC_0087_201401101416537a9.jpg

たんぼには氷がはってキラキラと反射しています。
小さい頃この氷をバリバリ割るのが大好きでしたね~。

DSC_0077_201401101416483f0.jpg

ブルーベリーの樹もすっかり紅葉?
もう少しすると葉が全て散り、剪定の時期になります。
そういや昨年はyoutubeを見ながら剪定を見よう見真似したんだな~。
(おかげで大きな粒が実りました!)

DSC_0114_20140110141716ca8.jpg

何の植物なのか分かりませんが、太陽にかざすとキラキラ透けて
きれいでした~。殺風景な冬景色だからこそ際立つ


DSC_0095.jpg

通称「沈み橋」から見た光景。大きな木が思いっきり倒れています。
逆さ富士のように水面に木が映っています。
大雨になる前に撤去しないといけませんね。

DSC_0083_20140110141651810.jpg

今が旬のほうれんそう。
うちのほうれんそうは地にはって育ちます。
不格好ですが肉厚で生で食べてもえぐみがなく美味しいですよ

DSC_0078_201401101416506f9.jpg

こちらがハウスで栽培している(正確には自生している)おかのりと言う野菜。
茹でると粘々感がでて、おひたしやお鍋にもぴったり。
のり代わりにキムチ漬けなども美味しいですよ。
あちらこちらに種を飛ばすのか、暖かくなると方々に出現する強い野菜です

今年もよろしくおねがいたします!

バタバタしていたらすでに年が明けて1週間以上。
昨年はさむ~い年末までお客さんにお越しいただきありがとうございますm(__)m
今年もどうぞさこんうえをよろしくお願いいたします

我が家は毎年3日までは普通にお休みいたします。
元々農家なのでその流れは変わらず。
私も毎年お正月は家でゆっくりするのですが、今年に限ってはちょっと違いました。

今年は福岡の浮羽で陶芸をやっている20年来の友人宅の恒例の集いに参加してまいりました 
簡単に言いますと、総勢12名がお鍋をつつきながら飲んで食べてしゃべって
まったりと過ごす新年会です。
私が撮影した写真はイマイチの映りでしたので、友人のブログをリンクいたしました。
ご興味ある方はのぞいてくださいね!
実は20年ぶりくらいに再会した方も!

星のしずくさんブログ

4日からが我が家の仕事はじめでしたが、初日はアメリカのシカゴからお客様でした
これまた写真撮り忘れ
こたつに感動されていました!
「何が一番印象的でしたか?」とお尋ねしたところ・・・

「料理!」

料理大丈夫だったかな~
ちなみにたかきびハンバーグが好評でした

さこんうえの最近

数か月ぶりのブログです。
あまりにもブログをアップしていなかったので、私に何か起きたのでは!!?
親戚のおねちゃんも心配しておりましたが、何も起きていないので大丈夫です(笑)
おまけにニューヨークに住んでいるお友達(いや~なんかこの響きおしゃれだわ~。
いいなぁ…ニューヨーク )も
阿蘇の山々の景色を楽しみにしているようなので、こりゃいかん!と思い
おさぼり終了です

DSC_0011_2013112310313633b.jpg

今朝は大霜(霜がものすごく降った日のこと)
雪と見間違えました
星空がすみきっている翌日の朝はだいたいこんな感じ。
おかげで日中の天気のよいこと~♪

DSC_0014.jpg

庭先の冬桜もちらほら。
春の満開の桜もいいのですが、控えめな冬桜もなかなか素敵です

DSC_0019.jpg

ゆずの実もまだ放置状態です。

DSC_0020_20131123103257fef.jpg

一部はこんな風にジャムにしたり・・・

DSC_0021.jpg

ゆずの化粧水にしたり・・・(初めて作るので楽しみです~

DSC_0010.jpg

新米もでき、早速お客さんからご注文をいただきました
1袋(30キロ)なので箱が見つからず、父があれやこれやと工夫していました。
※お米の詳細はホームページに記載しております。

DSC_0009.jpg

お米をご注文のお客さんにはもれなく旬のお野菜もプレゼント。
雑然とした包装ですが、味は自信がありますのでお許しくだい


DSC_0002_20131123103129083.jpg

そんなお米のぬかを調理中の母。
実はお米のぬかを弱火でいって使うとこくのある調味料に変身
こちらはマクロビに詳しいお客さんに教えていただきました!ありがとうございます
もちろん無農薬・無化学肥料のお米のぬかです!

DSC_0003_20131123103131f82.jpg

おかげでむさしくんもガツガツ・バクバク、いったぬかを食べております。
もういっちょおかわり!(多分そう思っているハズ)

熱さとの戦い。さこんうえの味噌作り

DSC_0114_20130801100828d15.jpg

我が家の生命線さこんうえの来年分のお味噌をいよいよ作らなければいけない
危機的状況のため、多忙期の合間をぬって味噌作りを始めました。

まずは「麦麹づくり」。

いつもは村の加工施設で作りますが、機械の老朽化により蒸し器などが壊れたため、
ここから車で30分程度の小国町の岳の湯温泉の地獄蒸しを利用することになりました。
あっちこっちで地熱がわき出ており、だれでも有料で利用できます。

DSC_0117_201308011008308a3.jpg

麦を入れたせいろを慎重に地熱の上に置きます。
何気ない動作に見えますが、これ、かなり熱いんですよ!!!

ここから1時間半で上下のせいろを入れ替え、さらに蒸すこと1時間。
合計2時間半程度麦を蒸します。
それなりに「待つ」と言う時間を要します。

我が家へ戻るにも往復で1時間の道のり。
帰るのもなんなので、広島からお手伝いに来てくれているマキちゃんを連れてランチへ!


DSC_0123.jpg

ファームロード沿いから入ってさらに奥へ奥へ。
カレーで有名な「BEAR」さん。
元々福岡の舞鶴でカレー専門店をされていたそうです。
ま~涼しいこと~♪ 標高800m超え!ちなみにさこんうえは520m。
扇風機すら不要の避暑地です。

ほらっ、景色もサイコーです!

DSC_0122.jpg

こちらが7月からお手伝いで来てくださっている広島のマキちゃん!
千切りがすばらしく早くてきれい♪
今では野菜切りはマキちゃんにお任せ状態。
仕事ができる上、なんてたってうちの母の天然ぶりにも上手く
対応できる心強い助っ人さんです!

マキちゃんもこの景色、涼しさに感動中~!


DSC_0127.jpg

ちょっとハンバーグなんか食べたりして。
おすすめのプチカレーもついていて2度美味しい~!

DSC_0132_201308011008320a8.jpg

岳の湯まで来たら、やっぱりソフトクリームの有名な「カップル」さんへ。
前回DAN爺さんより教えていただたいた、コーヒーとのセット(@400)
お得です~!ソフトクリームを食べると喉が渇くのでこのセットはベスト!


DSC_0135_20130801100834e4f.jpg

と、合間を有効利用しつつ(単なる遊び?)仕事へ戻ります。
最初のセットは父任せでしたが、今度はマキちゃんと二人。
なめてました・・・地熱を・・・。

何気にむしろを運んでいるように見えますが、

実は・・・相当・・・・あつい!!!!

最初アームカバーと軍手1枚程度の熱さ対策で挑んだのですが、
アームカバーとTシャツの間の肌に湯気が直接触れて
あまりの熱さに叫んでしまいました!!!

そこから二人でギャーギャー騒いでいたので近所のおばちゃんも
様子を見に来たりとお騒がせな二人。

DSC_0136_20130801100903c28.jpg

どうにかこうにか防熱?してせいろを運び、いざ我が家へ!

DSC_0140 (2)

桶にせいろで蒸した麦を出し冷まします。
母曰く「今までの中で一番いいできの麦!!」とのこと。
あー熱い思いしてよかった~。

麦が飛び跳ねるかのようにぷりぷりしているんですよ!
粗熱が取れるように木しゃもじで麦をほぐしていきます。

DSC_0141 (2)

冷めた麦に麹菌を投入~。うまいとこ発酵してよ~♪

DSC_0142 (2)

実は町でこのサイズの発酵器を貸し出しているんですよ!
さすが田舎ならでは。
これから20時間発酵→混ぜる→5時間発酵→混ぜる→5時間発酵後麦麹完成!

味噌130キロつくる我が家ですので、この工程(蒸し→発酵)を4回繰り返します。
村の加工施設を利用していた時は大型機械だったので1度で済みましたが、
小型の発酵器のため回数が増えてしまいました・・・。

さらに大豆、米と蒸しに行かなければいけないため私の地熱との格闘は
まだまだ続きそうです。

働かざる者、食うべからず・・・。

ちなみにお味噌は8か月後食卓に並びますよ!お楽しみに♪



収穫記録

平年よりも早く梅雨が明けましたね!
1週間前までこたつを出していたのに、いきなり扇風機。
衣替えと同じく、電化製品の変え時も頭を悩まします。

ちょこちょこ記録に取っていたさこんうえの農作物の収穫。
時期が若干ずれいていますが、収穫した野菜をご案内。

CIMG0767.jpg

梅雨の晴れ間に撮影したマスタード。
昨年は種が実ったと同時に得体のしれない黒い虫が全てを食べつくしあえなく
収穫できず。今年も彼らはやってきましたが、こちらもいちかばちか早めに
収穫しました。今陰干し中。さやの中のマスタードは口に入るか微妙な状態です。

CIMG0777.jpg

こちらは小麦。北海道の方より早生の品種を送っていただきました。
こちらも初収穫。いつものより背丈が低め。只今天日干し中。

CIMG0770.jpg

昨年不作に終わった玉ねぎ。
今年は大きすぎるくらいりっぱに実りました~。

CIMG0775.jpg

人が足りず私一人で収穫。梅雨の合間だったので雨が降りそうでそれはそれは
かなりのスピードで収穫しました~。
農作業はもっぱらこの覆面スタイルでやっています!
見た目は怪しいですが、日よけになりますよ!

CIMG0793.jpg

こちらは梅雨時最後の収穫物のじゃがいも。
じゃがいもで有名な雲仙より種イモを送っていただいたのですが・・・

CIMG0794.jpg

今年のじゃがいものは大きい(過ぎる!)!
私の手のひらを軽く超える大きさがごろごろ。

CIMG0796.jpg

収穫日に宿泊のご予約もあり、途中より父と交代。

CIMG0795.jpg

このじゃがいもをそのまま石釜で丸ごと焼きます!
ほくほく感がたまりませんよ~♪

夏の実り

DSC_0089_20130703220006.jpg


本日は母のブログの巻。

村で最後の田植えを終えて一か月。

除草剤、化学肥料なしの我が家の田んぼがよく育ってくれた。
(小草ができないよう主人は相当大変だったろう)

二回目の除草作業をしている主人にお茶を持って行く。
田んぼの縁にある草に目が行く・・・。

「なんときれいだろう~!クレソン?いやセリだ!」

たくさん摘んで側の井出で活き良いよく洗う。
水が素足が心地よい。

「天ぷらにしてよ!」と近所におすそわけする。
トマトもだんだん熟し始め、きゅうりもカラスが食べる前に
素早くもぎとる。

シンガポール国立大学の学生さんたちが来られました~

DSC_0066.jpg

今年もシンガポール国立大学日本研究科の生徒さんたち総勢12名にお越しいただきました~!
昨年同様2泊3日の研修。
今回は同じ村で宿泊もされている「なごみ」さんに男子グループ、女子はさこんうえと
分かれてとの滞在でした。

中央の一番おちびさんが母、その横のイケメンがクリス先生(アメリカ人)、
左のウェスタン風なおじさんが父です。御年73才です。目指せ三浦雄一郎さん!(笑)

DSC_0037.jpg

女子グループは朝から農作業。
父よりレクチャーを受け(みんな日本語堪能なのでもちろん日本語です)、ピーナツを
植えていきます。

DSC_0040.jpg

一人がマルチに穴を開けていき、次々と苗を植えて行きます。
結構あっと言う間に終わりました!

DSC_0049.jpg

次は早植えのじゃがいもの収穫。
これにはみんなも大はしゃぎ。
あっちこっち穴を掘っては興奮していました!

ちなみにシンガポールは農家さんはとても少ないようです。
主な産業は金融業。

DSC_0053.jpg

ランチは海苔巻。
もちろん自分たちで作ってもらいます。
結構上手なんですよね~。

DSC_0052.jpg

真剣な表情・・・。

DSC_0060_20130526175036.jpg

午後からは合同でローカルツアー!
今年も親戚の「河津製材所」さんへgo!
ほとんど山のないシンガポールにとってはひとつひとつが興味深いようです。
特に男子の質問が多かったですね~。
ちなみに大学生のこの研修は色々と宿題もありお遊びではないんですよ!

DSC_0063.jpg

見たり触ったり・・・


DSC_0055.jpg

時々道草をしたり。ちなみにこちらは近所の「熊の座神社」

DSC_0136.jpg

この日の夕食は男女合同で「なごみ」さんちでいただきました!
カフェ果林ののりちゃんが焼くピザは絶品!
ご飯に味噌汁の日本食が続く大学生にとってはさぞやうれしかっただろう~!
一番喜んでたのはクリス先生?

DSC_0135.jpg

私もいただきました!

DSC_0132.jpg

今回は「なごみ」と「さこんうえ」のコラボ夕食。
さこんうえはコロッケや大学芋、高菜飯など。
ビュッフェスタイルでそれぞれ好きなように選んでました。

DSC_0134_20130526174936.jpg

最後は地元高校生も合流。
今回の研修ではかなりの距離を歩き周りみんなちょっと疲れ気味でしたが、
レポートの中身はその分充実したのでは?と。
ちなみに地域再生が課題なんですよ~!
ぜひフィードバックお願いします!

ハードな2日間おつかれさまでした!

ここは・・・・

DSC_0026_20130526175118.jpg

なんと、只今イタリアのトスカーナにいます!


DSC_0034.jpg

ほらっ、花がきれいでしょう~


DSC_0035_20130526175602.jpg


って言うのはウソで、ご近所の「押戸石」にお客さんと一緒に久々行ってきました~。
でもこの景色いつ来てもヨーロッパの丘みたいだなあ・・・と思うんですよね。
丘の向こうには阿蘇山や久住山が見えるけど(笑)

DSC_0029.jpg


DSC_0030.jpg

岩の周りをぐるぐる回っている理由は、手に方位磁石をもっているため。
受付で貸してくださるのですが、岩が磁気を帯びてか磁石がぐるぐると回るんですよ~。

今回もはさみ岩によじ登り景色と風を満喫してきました

神出鬼没

DSC_0145.jpg

日も高いと言うのに宿の中庭にぷっくりした生き物の姿が・・・。

DSC_0141.jpg

「何か?」
とでもいいたけげな表情。たぬきではなく「白びしん」です。
白い鼻がトレードマーク。

DSC_0146.jpg

私との距離は1mもない上に、写メの音で私の存在には気が付いているはず・・・。
でもひたすらミミズでしょうか?土をゴソゴソと鼻でほいでいます。

DSC_0147.jpg

「何か?」・・・・。

ずっとこの調子。
どうやらこの子はうちの村では有名らしい。


夕方には近所の家の入口を堂々と歩いてました。
悪さをしない内は村の人から見守られているでしょう。
運が良ければ宿で見られるかもしれません・・・。

お手伝いの方決まりました!!!

さこんうえでお手伝いしてくださる方が決まりました!!!
今回の方はなんと、さこんうえのお客さまです!(^^)!
嬉しいですね~♪
お料理に興味のある方なので、いろいろな野菜料理にもチャレンジしたいですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。